オイルチェンバータイプ、2ミラーシステムの万華鏡4種の試作

万華鏡の試作2号機、3号機は、不満点は多々残りながらも一旦完成。その不満を次作への改善点に繋げるべく、さっそく試作4~7号機の製作を開始します。

前試作の改善ポイントと新たな試み

不満点の改善と共に、新たに試してみたい事はまだまだたくさんあるのですが、今回の試作では以下のようなトライ、あるいは確認をしてみたいと思っています。
  • ミラー幅25mmで、2ミラー5ポイントのミラーシステム(ミラー角36°)
  • 同じく25mm幅で、2ミラー6ポイントのミラーシステム(ミラー角30°)
  • ミラー幅30mmで、2ミラー6ポイントのミラーシステム(ミラー角30°)
  • 同じく30mm幅で、2ミラー8ポイントのミラーシステム(ミラー角22.5°)
  • 外径Φ42mmの塩ビ管の胴体
  • オイルチェンバー(もちろん、いろんな具材の組み合わせも)
  • チェンバー部分の独立回転
  • LEDのマイコン制御(と言っても、取り敢えずON/OFFだけ)
  • 胴体に貼る革の色のバリエーション
  • その革貼りの方法と、突き合わせ部分と端面の処理の仕方
  • 前後のプラパーツの仕上げ方法(シートを貼る?)
中でも一番大きなポイントとなるのは、オイルチェンバーの製作です。

実際、これまでにもオイルチェンバーへの試みは何度がしているし、試作2号機、3号機も当初はオイルチェンバーの積りで作り始めたのです。

それが製作途上で構造的な欠陥が発覚したので、急遽、ドライチェンバーへと変更した経緯があります。なので、完成品としてのオイルチェンバータイプは、今回のが最初となります。

ミラーは、まだ試作途上なので相変わらず0.5mm厚の塩ビミラーを使います。ミラーサイズは、長手方向にはこれまで同様200mmですが、幅は30mmと共に25mmのものも試してみます。

ミラーシステムは全て2ミラーを予定。ポイント数は、6ポイントで大小ミラーの比較と、まだ試したことがない5ポイントと8ポイントに挑戦します。

ミラー幅とポイント数の違いで4セットのミラーを準備

先ずは、ミラーの準備。寸法ごとに4セット8枚のミラーを切り出し、それに裏打ちするための塩ビ板の補強材、さらに底辺(ミラーの無い辺)の部材も切り出して、それぞれ両面テープで固定。

ミラー4セット

本体の設計図と、それに従って製作したパーツ類

ミラーシステムを収納する本体の簡単な設計図(ラフ書きですが)。

試作4号機設計図
この設計のポイントは、オイルチェンバー部分の独立回転と、胴体に貼る革の端面隠しにあります。

上で触れた、2号機、3号機の “構造的欠陥” とは、このチェンバー部分の構造にありました。前作では、チェンバーと胴体とを固定する構造だったのですが、そうすると万華鏡の模様を変化させようとする時、万華鏡を本体ごと回転させる必要があります。

この場合、オイルチェンバーのゆったりした模様の変化では、(ミラーとチェンバーの位置関係が変わらないため)ダイナミックさに欠けてしまうのです。

その点、ドライチェンバーなら本体を回転させれば映像にも一瞬で変化が生まれます。

ということで、オイルチェンバーでは(私の個人的見解としていは)このチェンバー部分が本体から独立して回転出来る必要があるのです。

上の設計は、それを実現するためのものです。チェンバーは、本体に貼り付けた「カグスベール」によって本体から抜け落ちないように保持しつつ、同時に独立して回転可能となります。

図面に沿って加工製作したパーツ類が以下のものです。

本体パーツ
パーツの番号は、(少し見難いですが)上の設計図中の部品番号と相対しています。5段重ねのパーツケースの一番上のフタ以外は同じ形状のパーツを、半分に切断したり(⑥⑦⑧パーツ)、底板に穴を開けたり(②③④パーツ)してあるので、なんの加工もしていないのは⑤パーツだけです。

そして、このパーツの底板に穴を開けるために大活躍したのが、ここで紹介した糸ノコです。

今回ここで紹介したパーツ以外に、胴体に貼る革、オイルチェンバーに入れるグリセリンと具材、更にLEDと制御用のマイコンと電源やスイッチを加えれば、ほぼ勢揃いとなります。

まだ細部で詰め切れていない箇所もありますが、取り敢えず組み始めていきましょう。



コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/860-0f1260df

<< topページへこのページの先頭へ >>