革の端面を漉いて折り曲げる -- 結構イイ感じの出来具合に

革の端面を漉いて薄くし、表革を内側に折り曲げることで、塩ビ管に貼り付けた時にカットラインを見えなくしようという試みの続きです。

前回は革の厚み(1.5mm)を約半分にするために、横から特製工具でカッターの刃を入れ、切れ目をつけたところまできました。

不要部分を切り離し

切れ目を入れた部分の表側を残し、裏側だけをカットするため、下敷きとして薄手のステンレス定規を切れ目に差し込みます。

間に定規を入れ

この後、上からあてたプラスチック定規に沿って不要部分を切り離して漉き作業完了。

不要部分切り離し
見事に、表革だけ約0.6mmの厚みを残して漉くことができました。

残った表革を内側に折り曲げ

続いて、この部分を内側へと折り曲げていきます。と言っても、切れ目にそって両側から定規を押しあて、薄くなった表革の部分を立ち上げるだけです。

両側から押さえて

この状態でしばらく我慢していると、革を湿らせておいたこともあり、簡単に降り曲がった状態でのクセがつきました。

折り曲げる

同じもの2枚を塩ビ管に貼り付けて完成

革の厚みよりも出っ張った部分をカットし、この作業を革の両サイドに対して行った後、塩ビ管にボンドで貼り付けていきます。

ボンドを塗って

塩ビ管の全周を2枚の革で覆い隠すので、上記作業を繰り返してもう1枚加工し、塩ビ管に貼り付けます。

革貼り付け途中
まだ上の段階では、革の左右の端面は切りっ放しの状態で見えていますが、この上からプラスチックパーツを装着し、左右の端面も隠して外観的にはほぼ完成となります。

貼り付け完成

どうでしょうか?まだまだ改善の余地はありますが、結構イイ感じに出来あがったと思います。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/883-29b44885

<< topページへこのページの先頭へ >>