nuvi205内のログデータをGoogleマップ上に表示する

前回、ガーミンのポータブルカーナビnuvi205の紹介の中で、「GPSレシーバ寄りであるが故の利点」という記述をしましたが、今回はその辺りにもう一歩踏み込んでみましょう。

nuvi205内のログデータをパソコンに取り込む

基本中の基本は、「パソコンとの連携」でしょう。

具体的には、nuvi205内に蓄積されたログデータ(走行記録)をパソコンに取り込んで、様々な編集をして楽しみます。

nuvi205にナビしてもらいながら知らない街を走り、家に帰ってきたらnuvi205に記録されたデータをパソコンに取り込み、今度はパソコン画面でもう一度旅を楽しむことができます。

nuvi205のログデータをパソコンで活用(編集)するのは結構簡単です。

先ずは、このような場合の超定番ソフト「轍」をサイクル紀行さんからダウンロードしておきます。

そして、nuvi205とパソコンを付属のUSBケーブルで接続します。

「轍」を起動し、[ファイル]→[新規作成]→再び[ファイル]→[インポート]を選択。

[ファイルを開く]ダイアログで

Garminフォルダ
[コンピューター]→[Garmin n・i]→[Garmin]→[GPX]→[Current]データを選択して[開く]。

「轍」を使ってデータを加工

「轍」にはデータの取り込みが完了していますので、[トラック]タブを選択し、不要な[ACTIVE LOG](過去のログも残っていることがあります)を削除します。

(ついでに、いろいろと“悪さ”をすることがある[ウェイポイント]も全部削除してしまった方がいいかもしれません)

[ACTIVE LOG]を選択→[プロパティ]で表示される[トラックの設定]ダイアログで、間引き設定(目標ポイント数:950くらい)を必要なら(ポイント数が多すぎると、いろいろと不都合な場合があります)行います。

[プライバシー保護]も必要ならチェックを入れておきましょう。

再度、[ファイル]→[エクスポート]→[Google Earth KML]→名前を付けて保存します。

これでグーグルマップに走行した軌跡を表示するためのデータが完成しました。

グーグルマップで自分の旅の軌跡が見れるのは感動

ブラウザでGoogleマップにアクセスします。

Googleにログインしていなければ、ログインしましょう。普段からGmailなどのGoogleのサービスを利用していれば、ログイン済みの筈です。

[地図]→[マイプレイス]→[地図を作製]をクリック。

表示された画面で[インポート]→[KML をインポート]→[地図データをパソコンからアップロード]で参照をクリックし、上記でエクスポートしたKMLファイルを選択し、[ファイルからアップロード]で完了です。

無事にグーグルマップ上に旅の軌跡を表示できましたか。

表示された軌跡にマウスポインタを近づけていくと、“四角い”たくさんのポイントが表示されますので、左クリックでポイントをドラッグして修正したり、右クリックでポイントを追加したり削除したりすることができます。

修正や整理が完了したら「タイトル」をつけて「保存」して完了です。

サンプルに、横浜から浅草まで自転車で移動した時の軌跡を張り付けておきます。




その他にも、「轍」を使って軌跡にリンクした写真を表示したり、様々なことが可能ですし、その手順もサイクル紀行さんに詳しく記載されています。




関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/89-b41590f0

<< topページへこのページの先頭へ >>