「本気で決めた時、あなたの運命が動き出す!」 by 本田健

本日から3日間、幕張メッセでセミナーに参加です。「Seminars Festa 2014 Spring」と銘打って、最もパワフルな動機付けをするスピーカー、世界No.1コーチであるアンソニー・ロビンスが初来日。

初日の今日は、アンソニーは登場せず、代わりに下のスクリーンに映し出されている方々の講演がありました(本田健さんって、写真を一切表に出さないとのことで本の表紙が身代りに)。

アンソニーセミナー

講演の中から、本田健さんの話を中心に印象に残ったいくつかの話を紹介していこうと思います。

あなたにとって、豊かで楽しい人生とはどういう事ですか?

本田健さんは、様々なことを簡潔に伝えてくれましたが、お話し全体を通してのテーマは「決める」ということだったと思います。

曰く、「1分以内で決められないことは、何日経っても決められない」と。その通りですね。

また、「豊かで楽しい人生とは何か?」という問いに、本田健さんは、こんな表現をされました。

自分がやりたいことを、好きな時に、お気に入りの場所で、大好きな人と一緒にやれる。

みんなそれぞれ、自分なりの回答があるのだと思いますが、私的にはこれに大いに共感を覚えます。一言で言ってしまうと、「自由」ということ。私も常に追い求めているもの。

ただ「自由」といっても、ここには色んな「自由」が含まれています。

今日の講演で最後に登壇された池松耕次さんが、よくセミナーの中で話される「池松流成功の定義」というのがありますが、それは以下の5項目からなります。
  1. 経済の豊かさ
  2. 健康
  3. 時間のゆとり
  4. 仲間と家族
  5. 命の使い方
この5つを手に入れている人が、「成功している人」ということですが、本田健さんの言う「豊かで楽しい人生」を送っている人と同じことでしょう。

経済的な自由、時間的な自由があり、肉体的にも自由に動けて、精神的にも解放されている。そして人生を共に楽しむ仲間がいて、その上「やりたいこと」(命の使い方)まである。

本気で決めると、周りの人はそれに気がつく

でも、こういう「豊かで楽しい人生」「自由」「成功」を手に入れるために必要なのは、間違いなく「行動」です。そしてこの「行動」の前に来るのが「決める」ということですよね。

「これを手に入れる」って決める。そのために「こんな行動をする」って決める。他人の意見でなく、自分の意志で決める。決めなければ、全ての事が動き出さないんです。

運命を動かすのに一番重要なこととは何か? それは、

本気で決める

ということ。「ただ決める」だけじゃないんです。本気で決めるんです。そして、「本気で決めると、周りの人にはそれが分かる」って話されていましたが、これには本当に同感します。

本気で決めているか、単に言葉として言っているだけか、明らかに周りの人には伝わりますよね。

人生における喜びや幸せ、あるいは辛さも悲しみも、すべて「人間関係」から来る

先の「豊かで楽しい人生」と同じようなことを違う言葉で表現してるんだと思いますが、「素晴らしい人生にあるもの」とは下の5つのものであると。
  1. やりがいのあるライフワーク
  2. 経済的な豊かさ
  3. 物質的な豊かさ
  4. 感謝の多い人間関係
  5. 未来に対してワクワクする予感
「素晴らしい人生」に「感謝の多い人間関係」が含まれているのに特に解説は必要無いと思いますが、本田健さんの言葉で言うと、「人間関係もまたあなたの運命を動かす」重要な要素だからです。

「人間関係」が人の幸せに影響するのは勿論、喜びや幸せは「人間関係」から来るものであり、更に言えば「付き合う人(今、あなたの周りにいる人)を変えれば、すべてが変わる」んです。

5つ目の「未来に対してワクワクする予感」は、本当に大事だと思います。

人生がつまらないなって感じてる人も、人の道に反することをしてしまう人も、あるいは自分で自分の命を絶ってしまう人も、皆この「ワクワクする予感」が持てなかった人たちなのではないでしょうか。

人をワクワクさせるには、先ず自分がワクワクしていないと無理ですよね

この「人間関係」や「ワクワクする予感」といったキーワードから、「これから成功するビジネスの条件」という切り口で考えてみると、以下のようになります。
  1. 人をワクワクさせる
  2. 繋がりを感じる(あるいは本当に繋がっている)
  3. ユニークでクリエイティブ
  4. いくらでも払いたいと感じる
  5. 誰かのために役立つ ⇒ 何人喜ばすことができるのか
そして、これらの「成功するビジネスの条件」を満たすために、私たち個人個人にとって大切なことは、先ずは自分の “大好き” を発見することのようです。

自分の “大好き” さえ見つかれば、あとは決めて、行動あるのみ。

私はどのような点で他より優れているか?

だいぶ長くなってしまったので、もう一人だけ。

登壇者の一人ジェイ・エイブラハムは、米国で最も費用の高いコンサルタントの一人で、マーケティングに関する電話でのコンサルテーションで1時間約60万円要求するそうです。

彼の得意技は、「ど素人の会社をマーケティングや営業の魔法使いに変身させること」。そんな彼の話の中から、本田健さんの話とも繋がる「USP」の話をご紹介しましょう。

USPとは、ユニーク・セリング・プロポジション(Unique Selling Proposition)の略です。日本語で言えば、「私の差別化要因は何なのか」「私独自の売りは何なのか」ということ。

もっと砕いて言うと、「なぜ私でなければダメなのか」、「なぜ我が社の製品でなければダメなのか」、「私はどのような点で他より優れているか」に対する答えのことです。

例えばドミノ・ピザのUSPは、「30分以内に配達できなければ割引券を差し上げます」ってこと。

これから自分のビジネスを立ち上げていこうと目論んでいる私にとって、本田健さんの「人をワクワクさせる」とか、[ユニークでクリエイティブ」、あるいは「何人喜ばすことができるのか」といったキーワードや、ジェイのUSPに関する話は感じるところが多かったです。

明日は、いよいよアンソニー・ロビンスの登場です。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/895-75dcdabb

<< topページへこのページの先頭へ >>