変えるんだ! 御託はいい 何が何でも変えるんだ!

「期待を感謝に変える」という話の前回の続きです。

前回、あなたが現在置かれている人生の状態(例えば、給料であったり、大事な人との関係であったり、あるいは地位とか名声とか)が、あなたの幸せ・不幸せを決めるのではなく、その状態があなたの人生の「設計図」と一致しているかどうかが決めるんだって話をしました。

一致している時、あなたは幸せを感じている訳ですから、これは何ら問題なしでしょう。問題なのは一致していない時。この時、あなたは不幸せであり、不満や苦痛を抱えていることになります。

3つの選択肢があるけど、1つ目はねえ・・・・・

この不満や苦痛、あるいは「問題」と言ってもいいかもしれませんが、こいつらはあなたに “3つの選択肢” を与えるとアンソニーは言っていました。その3つの選択肢とは、
  1. 無視と非難
  2. 人生の「現状」を変える
  3. 人生の「設計図」を変える
あなたは、この3つの選択肢のどれかを選ばざるを得ないんです。

1つ目の「無視と非難」とは、出来事そのもの(苦痛を与えている事象)を無視したり、非難したり、あるいは他人のせいにして非難したり、もしくは自分自身を非難する(なんてダメなやつなんだ)こと。

この選択肢は、多分多くの人が選びがち(簡単だから)だと思いますが、これを選んでいる限り何の解決にもならないというのは、みなさんご存知の通り。

残りの選択肢は2つ。「現状」を変えるのか、それとも「設計図」を変えるのか。

選択

2つ目の「現状を変える」という選択肢は、一番現実的なものでしょう。ただ、簡単に変えることが出来ないからこそ、不幸せだったり苦痛を感じたりしているんですけどね。

どうするか? アンソニーの回答は簡潔明快。

変えるんだ!

問題があるなら、自分の人生でイヤな分野があるなら、それを変えるんだと。断固とした決意を持って、現状を変えるための “行動” を起こすんですね。

だって、それがあなたの人生に苦痛をもたらしているんでしょ。だったら、変えるしかないじゃないですか。分かっちゃいるけど変えられない? それでも変えるんです。

シンプルな話ですね。必要なのは「決断」すること。変えるって決めること。

決断とは、「他の選択肢を切り捨てること」だそうです(ほるほど! 日本語って良く出来てるなー)。無視したり、他の人のせいにしたりといった選択肢を捨て去ってしまうんです。

考えていると、どんどん怖くなってきて

そして、変える、行動するって決断しようとする時、そこに必ず現れてくるのが “怖れ” です。

以前も書きましたが、アンソニーは、こんな風に言っていました。

「怖くてもいいんだ。それでもやるんだ!それが勇気というものなんだ。
そして、怖くなったら “考える” のではなく、Peak Stateになるんだ」

そうなんですね。結局、これしかないんです。あれこれ考えたって、解決する訳がないんです。「結果」は「行動」によってのみ、生み出せるものなんです。

「行動」せずに「考える」ことだけを続けていくと、あなたの中でどんどん成長していくものがあります。それが “怖れ” というもの。頭の中でモンスターのごとく成長して、益々あなたを苦しめることに。

怖くなったら、考えることを止め、自分の状態(State)を持ち上げ、そしてその勢いで行動する。

よし、やるぞ

あー、自分で書きながら、なんかその気になってきました。この気持ちが大事なんですよね。

多くの失敗をした人ほど、多くの成功を手に入れることが出来る

あるメールマガジンにアンソニーの言葉として、こんなことが書かれていました。

経験を積めば積むほど、成功の確率は高まる。
人より多くのまずい決断をした人ほど、
人より多くの成功を手にすることができる。

上で触れた “怖れ” の中には、「失敗したらどうしよう」という思いが入ってますよね。でも、より多くの失敗をした人ほど、より多くの成功を手に入れることが出来るんです。

このことは、多分ほとんどの人が “頭では” 理解していると思うんですよね。それでも失敗が怖い。だからこそ、考えてはいけないんです。

自分で行動してみて、やっぱり失敗して、でもその失敗が成功へのステップになることを身をもって体験する。そして頭ではなく、体で、あるいは感情として「多くの失敗をした人ほど、多くの成功を手に入れることが出来る」ってことを理解する。

こうなると強いですよねー。だって、怖いものが無くなるんだもん。

スミマセン、少し長くなってしまったので、3つ目の選択肢「人生の『設計図』を変える」については、また後日に。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/921-b149b095

<< topページへこのページの先頭へ >>