卓上ボール盤 GTTB‐13SP 据え付け作業完 -- 高さもバッチリ

卓上ボール盤 GTTB‐13SP の組み立て、セッティングも最終段階。残すパーツはドリルチャックのみとなりました。

ドリルチャック

ドリルチャックの取り付けは、ゴムハンマーで叩き込むだけ

回転軸と、ドリルチャックの嵌め込み穴の両方にテーパーがかけられているので、軸にドリルチャックを差し込んでハンマーで叩き込んで行くだけ。

木槌の方がいいのかもしれませんが、取り敢えず大型のゴムハンマーで叩いてみたら、結構ガッチリと入り込んでいくので、これで十分かも。

ハンマーで打ちこむ

どのパーツも錆びないように油まみれになっていますが、まあ屋外設置だし(屋根はあるけどね)と思って、全般的にあまり油を拭き取ってはいません。

でも、このドリルチャックの勘合部分の油だけはしっかりと拭き取っておかないと滑ってしまう可能性もあるので、パーツクリーナーで念入りに拭きました。

もう一つ注意。ゴムハンマー(木槌でも)でドリルチャックを叩く時、チャック(ドリルを掴む爪)は内側に引っ込めてから叩きましょう。壊さないようにね。

取説に記述の無い使途不明のツマミの使い方は、これで合ってる?

これで組み付け作業はほぼ完了。駆動部のベルトを見てみようと上部の蓋を開けようとしたら、ネジで止まってる。あれー、こんな面倒臭い仕様になってるの?

フタネジ固定

そう言えば、プラスチック製のツマミみたいな使途不明のパーツが残っていたなー、と。この固定ネジを外し、このネジでツマミをフタに固定してみたら、バッチリ。

フタにノブを付ける

ベルトの掛け替え部分(両側のプーリーの段差)は写真の通り5段です。5段変速ということですね。50Hz地域だと、Maxで2600rpm、Minで600rpmとなっています。

ドリル径が5mmくらいまでは高速側の3段を使い、6mm以上では低速側2段が適用の目安とのこと。ベルトを掛け替えるのは面倒臭いですが、ドリルによって回転数を変えるのはキレイな穴を開けるための基本中の基本ですからね。

これまで電動ドライバではあまり上手く出来ていなかったので、これからはしっかりやろう。

図らずも、イスに座って作業するのに丁度いい高さになった

さて、たまたま手元にあった一升瓶の通い箱を使って作った設置台なので、特にボール盤の設置面の高さをどれくらいにしようかという意図はありませんでした。

箱の上下に38mm厚のSPF材を上下で3枚重ねたことにより、結果的に台の高さは550mmとなりました。立って作業する際の設置台の高さを900mm~1000mmくらいと想定していたので、それよりもざっくり400mm低いことになります。

自分の肩の中心を測ってみたら、立っている時で135cm、地面にお尻をついている状態で55cmとなるので、その差は80cm。ということは、40cm前後のイスに座ると、当初想定した(作業時の)位置関係になるってことですね。

普通のイスだと微妙に高いかもしれませんが、まあいいんじゃないでしょうか。特に設計した訳でもないのに、適当な高さに収まってくれたのはラッキーだったな。

さてさて、いよいよ本格的な工作に取り掛かりますよー。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/923-22b0dae3

<< topページへこのページの先頭へ >>