作業机を作ったら、自転車置き場が恒久的な作業スペースに

卓上ボール盤の横に、作業机の据え付け作業続行中ですが、前回まででメインテーブルと、その奥側に位置するサブテーブルの製作が完了しました。

前回、家の外壁に取り付けてある支柱に仮で取り付けてみましたが、テーブルを使用位置に持ち上げようとすると微妙に干渉し合うところが。

支柱の一部を少し削って、セッティング準備完了です。前回の状態から見た目で変化しているのは、上部にパーツトレーを、そしてボール盤の下側に電源タップを付けたのくらいかな。

作業机完成1
メインテーブルの中央奥側にはトレーをカットして取り付けてあるのですが、芸の細かい加工をしています(自慢)。テーブルセンターには、日傘を立てるための穴が開いているので、それを埋めるように出べそのようなカットの仕方をしているんです。

テーブルを持ち上げた状態。構造上、上部のパーツトレーも同時に持ち上げるようにしないと、左右の “側板” を閉じることが出来ません。

作業机完成2

テーブルの下側。左右から閉じるように持ってきた側板に、テーブルを支える “支え板” を固定してあります。テーブルを持ち上げ、側板を閉じ、テーブルの支柱を支え板の上に乗せます。

裏側から支え

続いて、左右に閉じられているサブテーブルを奥に向かって開きます。

サブテーブル出動

サブテーブルを開ききったところ。前回紹介した、メインテーブルとサブテーブルのそれぞれの補強角材に貼り付けてある “当てゴム板” が、サブテーブルを水平位置に保持してくれます。

サブテーブル出動完

メインテーブルと一緒にパーツトレーを持ち上げ、左右の側板を閉じ、その上にテーブルの支柱を乗せ、サブテーブルを後ろへと広げると、作業机の準備完了です。

作業机準備完了

折り畳みパイプ椅子も買いました(ホムセンで僅か1000円。安っ!)。いやー、なんか嬉しいな。

テーブルの支柱には元々あった自転車用のワークスタンドを利用しているので、自転車のトップチューブを保持するためのクランプが、テーブルの上に覆いかぶさるように存在感を主張します。

正直、このテーブルを固定してしまったので、自転車用のワークスタンドとしては既に使えなくなってしまったのですが、このクランプにはまた別の使命が生まれたんです。

なので、邪魔と言えば邪魔なんですが、当面はこの状態で使ってみようと思います。

そう言えば、敢えて写真のフレームから外すようにしていましたが、実はこの作業机の上には自転車のハンガーがあるんです。なので、目線をちょっと上げるとそこには自転車が。

テーブルの上には自転車

ま、創意工夫の醍醐味ってことで。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/930-2cd04931

<< topページへこのページの先頭へ >>