ノートPCに別れを告げ、4年半落ちのデスクトップPCに乗り換え

ノートPCの温度上昇に悩まされ続けて約1年。ついに諦めて、新しいPCを買うことに。相変わらず騙し騙し使い続けることは可能ですが、色んなところでストレスを感じるのに疲れたので。

何度も書いていますが、このSONY VAIO(VGN-Z90S)のパフォーマンスに不満を持ったことはほとんどありません。温度上昇以外はね。

なので最新の高性能PCを高いお金を出して買うつもりは無く、向かった先はヤフオク。

ヤフオクの取引を数日間観察していましたが、安く購入出来そうなのは Core 2 Duoモデル。次の世代の Core i 3,5,7 になると、まだまだ高めですね。

現状のPCと同レベルのものでOKとは思いながらも、そこは人情で出来れば少しは性能アップしたモデルを購入したいなと思うのは仕方のないところ。

何もいじってないのにプロセッサーのサブスコアが[6.2]から[4.4]になってる!

彼我の比較の参考に、現PCのエクスペリエンスインデックスを調べてみました。

Z90Sインデックスspeed

実は上のキャプチャ画像は最近(新PC購入後)撮影したもので、なぜか数値が劇的に下がってしまっています。デュアルモニターにしていてモニター、キーボード、LANケーブル等の接続を外しただけで、内部的には何もいじっていないのに、一週間前より下がっているのは何故?

メモリ、グラフィックス、ゲーム用グラフィックスの数値はあまり変化が無いように思いますが、プロセッサは[6.2]、プライマリハードディスクは[7.5](SSDなので)だったと記憶しています。

因みに、VGN-Z90Sには[SPEED]と[STAMINA]とを切り替えるスイッチがあるのですが、上のインデックスは[SPEED]での評価。参考に[STAMINA]でも評価してみたのがこれ。

Z90Sインデックスstamina

グラフィックス(特にゲーム用)のスコアが下がるとは、5年以上使い続けて初めて知った事実。まあ、知っていたからといって何かが変わったとも思えませんが。

話がわき道に逸れましたが、新しいPC(中古だけど)を選ぶ際に比較対象としたのは、現PCの(基本スコアではなく)主にプロセッサのサブスコア(上で書いた[6.2])でした。

Core 2 Duo から Core 2 Quad へと方針変更

残念ながら、PCの出品のすべてにエクスペリエンスインデックスが明記されているわけではありませんが、いくつか見ている内に、同じ Core 2 Duoモデルで現PCのプロセッサのサブスコア[6.2]を上回る機種を手に入れるのは難しそうだというのが分かってきました。

ということで少し方針を変え、Core 2 Quadモデルに狙いを定め、何度か競り負けた後に何とか手に入れることが出来たのが、これ。

HP PC

HPの p6290jp Core 2 Quadモデルで、発売は2009年の年末辺り。なので、4年半経過していますが、それでも現PCよりは1年新しいモデル。

現在、前の環境に近づけるべく色々とデータを移行したり、ソフトをインストールしたりしている真っ最中ですが、エクスペリエンスインデックスの評価を見てみました。

HPスコア

基本スコアでは少し下がった形になりますが、グラフィック関連はいざとなればグラフィックボードを入れ替えれば済む話(それもあってミニタワー型を選択)なので、概ね満足してます。

環境作りにはまだ数日かかりそうです。それもあり、このところブログの更新が滞りがち。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/946-34138c58

<< topページへこのページの先頭へ >>