【モノを生み出す】カテゴリ目次 - 電動工具と手動工具と


◆本の題名◆
小物工作に強力な助っ人参上 -- ホビールータ HR-100

ずいぶん前から、電動工具の一つルータが欲しかった。でも、私の工作範疇でどこまで有用かに疑問符がついていて。

それが小さなプラパーツを加工する機会が多くなり、活躍の場面が。

◆本の題名◆
小さな部材の加工におけるホビールータの有用性は抜群!

ルータの先端に取り付けるビットには色んな種類のものがあるけれど、一番最初にその有用性を感じたのは100均で買った丸のこ刃。

一方で、“削り系” のビットは、削れるよりも溶ける?

◆本の題名◆
太い塩ビ管に対応できるよう、ダイソーのパイプカッターを改造

塩ビパイプをカットするのに、ホビールータや金ノコを使っていると、切断面が汚くなり後加工も面倒臭くて。

ダイソーのパイプカッターを大径対応に改造すべく構想中。

◆本の題名◆
ダイソーのパイプカッターを改造して太い塩ビパイプをカットする

上の項目で、構想だけ固めたダイソーのパイプカッターの大径化だけど、実際に加工改造してみた。

出来は悪くないけど、改善点も見えて来て。

◆本の題名◆
糸ノコというと、小学生の頃の工作授業を連想するのは私だけ?

キチンとした糸ノコを手にしたのは、ほとんど小学校以来かもしれない。なんか、懐かしい感じが沸々と。

当たり前だけど、ノコ刃も加工素材別に存在してるんですね。

◆本の題名◆
電動工具に頼りがちな最近、昔ながらの工具の好さを再発見

モノ作りの中で電動工具の出番は当然多くなる訳だけど、今回、糸ノコを使ってみて、その有用性を再認識。

細かい加工には、電動よりも “手動 ”の方が有効な場面も。

◆本の題名◆
メロディICを買って何種類か試聴してみた

電子オルゴールを作ってみたくてメロディIC基盤を買おうとしたんだけど、どう探してもそれがどんな曲なのか分からない。

仕方ない、自分で買って試してみるしか方法は無いようです。

◆本の題名◆
メロディICのUM66Tシリーズは種類豊富で、使い方次第では

上の項目のメロディIC基盤に続いて、今回はメロディIC単体の話で、多分もっともポピュラーなUM66Tシリーズから。

こっちは有名な曲ばかりなので、大体は分かるかな。

◆本の題名◆
テスターの調子が悪いので、導通検査機を自作する

テスターが調子悪くて買い替え時期かもしれないけれど、使い方を考えてみると、その9割くらいは導通検査なんですよね。

それなら手持ちの部材を使って “導通検査機 ”を作ってしまおうと。

◆本の題名◆
ブレッドボードは便利だ! -- いやいや、“仕様” とは気がつかず

電子工作をする上でとっても便利な、ブレッドボードなる存在を最近知りました。ハンダ付け不要で電子回路が組めるんですから。

少し大きめのブレッドボードを買って使ったら、これが・・・・・


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/953-2b359438

<< topページへこのページの先頭へ >>