【モノを生み出す】カテゴリ目次 - 万華鏡シリーズ(3)


◆本の題名◆
円周長の違いに注意 → 実際にやったら、もっともっと要注意!

万華鏡の胴体となる円筒に革を巻きつけて両面テープで固定するに際し、計算通りの大きさでカットしたのに、それでも隙間が。

革には伸縮性があるのが、楽なようでいて、でも難しくて。

◆本の題名◆
万華鏡試作2号機、3号機完成 -- いやー、地味でした

胴体に革を貼って、他のパーツも塗装して完成させては見たけど、いやいや地味でした。一目見てワクワクするような感じが欲しい。

また、塩ビミラーの限界を改めて実感する出来でしたね。

◆本の題名◆
オイルチェンバータイプ、2ミラーシステムの万華鏡4種の試作

万華鏡の試作2号機、3号機の反省点を踏まえ、次のステップでの確認事項を明確にしておこうかと。

課題は山積み、かな。

◆本の題名◆
革をパイプに貼りつける前に、円筒に合わせてクセを付けていく

手元にある数種類の革を、いくつかのパターンで組み合わせて、それぞれの出来上がり具合の比較をしていきます。

一番の課題は、革と革の合わせ目の処理をどうするか。

◆本の題名◆
塩ビパイプに革を貼る -- 先ずは一番シンプルなやり方で

上の項で用意した革の中から、先ずは1枚の革を、端面をつき合わせるように素直に貼り付けていきます。

出来上がりは・・・まっ、悪くは無いけど、もう一つかな。

◆本の題名◆
思い込みが必要な時も、またそれで失敗することもあるわけで

塩ビ表面鏡の裏表を間違えて、表側に(裏側に貼るべき)補強材を両面テープでベッタリと貼ってしまいました。それも4セット8枚も。

この試作機からマイコンでLEDをON/OF制御します。

◆本の題名◆
万華鏡の試作4号機、5号機に未来の夢を乗せて

万華鏡試作機の4号機、5号機が完成。どちらも革を貼った胴体だけの時はいまひとつの感じだったけど、完成してみると悪くない。

全体的なバランスの良さが見た目に大きく貢献してるかな。

◆本の題名◆
革の端面を漉いて折り曲げる -- 自作専用工具が大活躍!

円筒の全周に渡って革を(キレイに)貼るというのは、なかなか難しい。革を使い慣れた人ならもっと色んな技があるんだろうけど。

簡易自作工具で端面を内側に織り込んだような加工を施す。

◆本の題名◆
革の端面を漉いて折り曲げる -- 結構イイ感じの出来具合に

上の項で作った自作工具(カッター)で、革の端面を半分の厚さに削ぎ、それを内側に折り込むことで革の切断面を隠そうとの試み。

合わせ目に隙間が開かないような大きさにするのが難しいけど。

◆本の題名◆
革の端面を漉いて折り曲げる -- 厚めの革でもトライ

上の項と同じような工作を、もう少し厚めの皮でトライ。さらに間に違う色の革を挟んで、デザイン的要素も入れてみた。

仕上がりは別として、工作の方向性としては悪くない。

コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/955-c2953fb2

<< topページへこのページの先頭へ >>