ノートパソコンのバッテリー用端子にACアダプタを直付けする?

VAIO PCG-TR1 のHDを交換したんだけど、内部のフレキシブルケーブルの端子が破損して、危うく廃棄処分になる瀬戸際から生き返ってという話をしましたが、再び大ピンチです。

ACアダプターからの給電ができません

PCG-TR1今度は、バッテリーで起動はできるのですが、ACアダプターでの起動も充電もできなくなってしまいました。

かろうじてバッテリー残量が残っているので起動するのですが、ACアダプターが接続されていても、そちらからの給電も充電もされないので、すぐにスリープ状態に陥ってしまいます。

ACアダプターの出力端子を調べてみましたが、出力は正常のようです。

となれば、考えられるのはパソコン側の入力端子周りの接触不良か、その類のことでしょうか。

PCG-TR1 を再び分解します

あまり気乗りはしませんでしたが、再び分解に取りかかってみました。

TR!分解本体裏側のネジを全て外すと、キーボーが外れるようになります。

キーボードを取り除いた後の上辺のセンター寄りに二カ所ちょっとした出っ張りが見えるかと思いますが、これがキーボードを固定している“ツメ”です。

キーボードと本体との隙間からのぞき込み、このツメの部分にマイナスドライバーなどを差し込んで外してあげればキーボードは簡単に外れます。

キーボードのコネクタは外さず(前回の失敗もあるので)、このままの状態でキーボードの回りにあるパネルを外します。

パネルの上辺は、ディスプレーのヒンジの部分にかぶさっているような形になっているので、ここのはめ込みを慎重に外せば、そのままパネルが外れてきます。

TR1 電源部これで、本体の左上隅にあるACアダプターの入力端子部分へとアクセスが可能になりました。

写真で黄色の部品が、その端子です。

端子から出ている赤と黒のコードの被覆を剥がし、ACアダプターを接続した状態で入力電圧を測定してみたところ、何の異常もなく、ACアダプターからの出力がそのまま入力されているようです。

端子部分の接触不良か何かかもという淡い期待は、もろくも外れてしまいました。

赤と黒のコードの行き先は、他の部品の陰ではっきりとは確認できませんが、どうやらマザーボードに直付けのようです。

となると、素人の私が手を出せるのはここまでのようです。お手上げ、ですね。

バッテリー用の接続端子に直接電力を供給してみる?

内部の修理が無理となると、その他にできることは?

バッテリーからの給電、そして起動はできるので、バッテリーさえ充電されればOKなのですが、パソコンからの充電は冒頭に書いた通りできません。

ではバッテリーを“直接”充電できないかと、ネット上をいろいろと探してみましたが、そのようなことを可能にする手段を見つけることはできませんでした。

バッテリーの充電ができないとなると、次なる手段は、本体側のバッテリー用の接続端子に直接電力を供給してあげることでしょうか。

ということで、いろいろと検索した結果出会ったのが、「ノートPCを乾電池で駆動する」さんです。

ここの内容を参考に、先ずはPCG-TR1のバッテリー用端子のピンアサインを推測してみることに。

バッテリー用端子右端から①~⑧と番号付けします。

テスターにてノートパソコンの筐体の金属部分と、各ピンとの間の導通を測定してみると、⑦番ピンと⑧番ピンが金属部分とほぼ0Ωの導通があることが分かりました。

その他の端子は、⑤番ピン、⑥番ピンと金属部分との間には、いくらかの導通があります。

バッテリー側の端子の両端に(+)と(-)の表記があるので、上記の結果と合わせて推測すると、⑧ピンがGND(-)で、①番ピンが(+)ということになりそうです。

そして⑤番ピンか⑥番ピンがバッテリーの検出端子だと想定しました。

後はバッテリー端子に接続するための電源を用意して、実際に試してみるだけです。バッテリーには11.1Vとの表記があるので、手持ちの不要になったACアダプターなどを探してみようと思います。

結果報告はまた。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/97-64a6ba8a

<< topページへこのページの先頭へ >>