ノートPCのSSDを外し、デスクトップPCに入れる(4)

前回EaseUS Partition Master によってシャットダウンされたところからの続き。

PCが再起動すると同時に、EaseUS Partition Master によるHDDからSSDへとシステムの移行(クローンの作成)が開始されます。

1時間半かけてSSD内にシステムのクローンが完成するも、容量の配分が変!

前回、ノートPCの際には3時間くらいかかりましたが、今回は容量的にも半分程度だったので、所要時間も半分の約1時間半で完了。早速、HDDとSSDの中身を確認。

[*:システムで予約済み] と [I:] という2つのパーティションがSSDの中に出来上がっています。

ただ、[*:システムで予約済み] の容量がとんでもなく無駄に大きい。35GBの容量に対して「使用済み」が30MBと0.001%以下しか使っていない。

クローン作成完了後

「コンピューター」の「ハードディクスドライブ」で見てみると、[I:] の容量分(76.3GB)しか使える状態になっていません。ただでさえ小さいSSDですから、これは何とかしないと。

パーティションサイズ変更前

先ずは [*:] を選択して縮小 → 「未割り当て領域」が出現

再び EaseUS Partition Master の登場。「パーティションのサイズを調整する」で、先ずは [*:] を選択して縮小します。赤矢印のように境界線をドラッグし、サイズを100.7MBまで縮小。

予約領域のサイズを変更
すると、 [*:] のサイズを小さくした分だけ、未割り当て領域(35.35GB)が出来上がってる。

今度は [I:] を選択して拡大 → 「以前の未割り当て領域」が縮小

続いて、 [I:] を選択し、今度は拡大する方向へと境界線をドラッグします。

パーティション(I)のサイズを拡大前

すると、「以前の未割り当て領域」がどんどん小さくなり、0.0 となったところで終了。これによって、[I:] は76.34GBから111.69GBへと拡大しました。

パーティション(I)のサイズを拡大後

「OK」をクリックしてメイン画面に戻ると、「パーティションのサイズを・・・」が「保留中の操作」に入っているので、上段の「チェック」をクリックして操作を完了させます。

パーティションサイズを変更後

作業完了後に「コンピューター」の「ハードディクスドライブ」で確認すると、上の状態で76.3GBしかなかった [I:] は、今度はキチンと111GBという容量になっています。

パーティションサイズ変更後

「OSをSSD/HDDに移行する」過程でやっておくべき操作だった

上でやったのと同じ操作を、前回の「OSをSSD/HDDに移行する」過程において、「ディスクを編集」のところ(下のウィンドウ)でやるべきだったんですね。

「ディスクを編集」で、[*:システムで予約済み]領域の右の境界を左へとドラッグします。

ディスクを編集

100.74MBまで縮小すると、上でやったのと同じく、36.75GBの「未割り当て領域」が出現。

ディスクを編集でいじってみた

続いて、74.94GBの左端の境界線をドラッグし、「未割り当て領域」を圧迫していくと、「未割り当て領域」は0となり、[I:] は111.69GBの大きさとなります。

ディスクを編集でいじってみた1

さて、SSD内にシステムのクローンが完成しました。今度をこれをデスクトップPCに内蔵して、デスクトップが無事に起動すれば一連の作業は完了となります。

次回は、機械加工も少し必要となる模様です。


コメント:
大変お世話になっております。
EaseUSのTeiと申します。

御ブログで弊社の製品をご紹介いただき、誠にありがとうございました。図図しいお願いだと承知いたしましたが、上記の記事で言及されたEaseUS Partition Masterに日本語公式ページのリンクの
http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.htmlをご挿入いただくことは可能でしょうか。

お忙しい中ご無理申し上げまして誠に恐縮ではございますが、
ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。
[2017/03/23 17:46] | Tei #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/974-fcf0e993

<< topページへこのページの先頭へ >>