7月の今頃が、私の「夏への扉」のイメージかな

梅雨明け宣言はまだのようなので、梅雨の中休みというところでしょうか。これが7月の空だって、勝ち誇っているかのような真っ青な空。

歩いて買い物に出掛けながら、久しぶりに岸根公園を散策。もう、完全に夏。

岸根公園7月1

今年は微妙に紫陽花の季節が遅いような気がする。紫陽花というと6月というイメージで、7月に入った今頃は例年なら最盛期を過ぎているように思っていたのですが。

岸根公園7月2

いやいや、木陰を見るだけで心休まるような季節になったということですね。

岸根公園7月3

公園のあるべき姿は、親子連れで賑わって子供たちが走り回って、みたいな感じかな。でも、人影のない公園も、なんか独り占めのような気がして嫌いではありません。

岸根公園7月4

子供たちにとっては、もうすぐ夏休みが始まります。どうしてもその頃のイメージが染み付いているのか、7月の夏が好きです。これから楽しいことがたくさん待ってるぞって。

なので、私の大好きな本、ロバート・A.ハインラインの「夏への扉」は、今頃のイメージなんです。

さてさて、今年も楽しい夏がいよいよ始まろうとしています。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/983-d693398a

<< topページへこのページの先頭へ >>