シューズドクターでのランシュー補修 -- 200Km走った後の状態

ランニングシューズの踵の減りを補修したくて、試してみたのはセメダイン社のシューズドクターという商品。

どちらかというとアメリカ製のシューグーという商品の方がメジャーなのかもしれませんが、内容量が多い分だけ価格が高いのがちょっと気になったのと、最初は少量で試してみたいなってのがシューズドクターを選んだ理由。

最初にトライしたのはナイキのランニングシューズ。表面の固いゴムの部分が無くなってしまったあとの、スポンジのような柔らかい部分にも固着するのか不安でしたが、結果的には100Km走った後も(剥がれるという点に関しては)何の問題もありませんでした

1足目の結果に満足し、残ったシューズドクターで2足目の補修に選んだのはMERELL(メレル)のトレイルラン用のシューズで、ナイキよりも踵の材質は硬めのもの。

とは言っても、実際に補修する箇所は、こちらもナイキの場合と同じようにスポンジみたいな材質でしたけどね。

補修完了直後の状態がこれ。

補充2回目完了

1足目のナイキのときは、元の状態に近付けたいという思いが強かったので、それなりの厚みでの補修でしたが、走った感覚としては微妙に “足りない” かなって思いました。

もう一つは、少しくらい厚めに補修したとしても、意外と早めにちょうど良い厚みまで減るのが分かったので、メレルでは少し大胆に盛り上げる方向で補修しました。

そして、補修後200Km走った後の状態がこちら。

メレル200Km後

まあ、シンプルに汚くなったなってのは分ると思いますが、補修部分の厚みがかなり擦り減っているのも見て取れると思います。

ナイキの時は、200Km走る頃には急に弾力(クッション性)が無くなったなって感じましたが、こちらは厚く盛った分だけまだ弾力が残っています。

ただ、確実に擦り減っているのは、見た目からも走った感覚からも伝わってきています。

踵補修材での補修が有効なことは、2足やってみて、共に200Km走ってみた結果として十分に確信しました(やる前は結構懐疑的だったんです)。

ただ、補修部分の減り具合は想像以上に早いなってのも正直な感想(でも200Kmって、人によっては3~4ヶ月くらいの距離になるかもしれないけど)。

擦り減ってしまった補修部分を、今度はシューグーで再度補修してみようかな。


コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://55life555.blog.fc2.com/tb.php/999-9dec2e6c

<< topページへこのページの先頭へ >>