激安のライトニングケーブルを買ってみたら素敵だった!

我が家のスマホ事情は、私だけがAndroidで、あとの4人はiPhoneを使っています。

なので、ライトニングUSB充電ケーブルがあちこちに転がっているというか、奪い合いをしているというか、なんか頻繁に揉めてるような気がする。

「えー、誰か私の使ってたケーブル、どっかに持ってった?」みたいな。

こちらは、奥さんが使ってるライトニングケーブル。誰かに持っていかれても区別がついて見つけられるようにと目印のステッカーが貼ってあります。

ライトニングケーブル目印

どうも、このiPhone用の充電ケーブルが強度的に弱いようで、使えなくなってしまうことが少なからずあるらしい。で、他の人が使ってるケーブルを勝手に持ち去って・・・・

で、使えなくなってしまったからと新しいのを買おうとすると、これがまた微妙に高い。現在はだいぶ安くなってきてるみたいだけど、以前は1本1000円前後していたような。

ある時、100均で売られているのを見つけて買って来たんだけど、端子部分がプラスチック製で、結局使用期間は短かったようです。

ま、最初に述べた通りAndroid使いの私には関係の無い話なんですが、先日たまたまネットショップで激安のライトニングケーブルを見つけたんです。

商品ページの説明を見る限り、かなりしっかり作られた製品らしい(もちろん、中国製)。でも、こればかりは実際に買って使ってみないと分からないしね。

試しに買って、ダメならダメで諦めがつく価格なので、買ってみることに。何しろ1本80円と、100均の商品より安いんです。

ただ、送料が130円かかるので、それなら2本くらい買っておこうかと(送料変わらず)。

届いたのがこちら。パッケージにも、個別の袋にさえ入っていません。裸のまま。

ライトニングケーブル格安

が、品物自体は想像していた以上にキチンとした商品のようです。何より、このローズゴールドの色使いが美しい。上品なピンク色です。

ケーブルはナイロンの編み上げで、商品説明には「ケーブルが堅めで取り回しづらいけど断線し難い」ってあったけど、しなやかな感じで、触った感触もしっとりしています。

ナイロン編みの被覆は放熱性にも優れ、急速充電にも対応してるとのこと。

一番肝心な端子部分も金属製で、シッカリした作りのようです。

ライトニングケーブル金属端子

何度も繰り返しますが、私自身は使わないので、まあどうでもいいんだけど、思ってた以上に高品質なので、ちょっと羨ましくなってしまった。

なんか、自分で使ってみたいなって。 マイクロUSBケーブルで、同じようなものが売られているので、こいつを買ってみようかな。


充電ケーブル内臓の薄型モバイルバッテリーを購入

モバイルバッテリーを買いました。パワーバンクという(ありがちな)商品名。

パワーバンクパッケージ

今使っているスマホはバッテリーの持ちがいいので、外出時にモバイルバッテリーで充電する機会は(今のところ)ほとんど無いのだけど、なんとなく新しいのを買ってみたくなり。

デザイン的に惹かれたのも一つの理由。(写真では分かり難いと思うけど)表面が革のシボ風になっていて、周囲には縫い目まであるという凝りよう(共に成型だけど)。

パワーバンクシボ
このシボは、デザイン的(見た目重視)なものなんだろうなって思っていたら、手に持った感触がサラッとしていて気持ちよく、機能的にも貢献しているようです。

体積的には容量の増加ほど大きくなっていない

これまで使っていたモバイルバッテリーと大きさ比較。左側は容量4000mAhのもので、今回購入したものは容量6000mAhと1.5倍の増量。

パワーバンク大きさ比較

表面積的には1.5倍くらいの大きさになってるけど、厚さはこれまでの12mmに対して9mmと、3/4の薄さ。なので体積で考えると、1割ちょっとしか大きくなっていません。

パワーバンク厚さ比較
“薄い” ってのは嵩張らないってことで、バッグに入れる際には結構重要な要素。

充電ケーブル内臓で、iPhone用アダプタも内臓

もう一つ気に入ったのは、機器への充電ケーブルが内臓されてること。これまではケーブルを別に用意していたのが、その手間が省けるのは有難い(忘れることも無いしね)。

パワーバンクで充電

充電ケーブルの下にはUSB端子があり、別途付属しているケーブルを使えば、同時に2つの機器に充電することが可能です。

iPhone用アダプタ
また、iPhone用アダプタも装着されているので、iPhoneでも充電ケーブルを別に持ち歩く必要はありません。

このiPhone用アダプタですが、端子部分はプラスチック製の華奢なものなんだろうなって想像していたんだけど、金属製でしっかりした作りのようです。

iPhone用アダプタ装着

因みに、パワーバンク自体を充電するには、付属のケーブルで行います。

パワーバンクを充電

4つのLEDインジケーターがあり、充電の進行状況やバッテリーの残量をざっくり25パーセント刻みで教えてくれ、これが何気に便利。


LINEモバイルの「データ」タイプでLINEを登録する

遠方の母親と日常的にビデオ通話をするために、格安SIMをLINEモバイルで契約し、母親に使わせるデバイスとしてHuawei MediaPad T3 10 のLTEモデルを購入しました。

LINEモバイルなら、ビデオ通話がカウントフリーで使い放題なので、ランニングコストも定額料金(500円)以外かからず、とても安心。

カウントフリー

それにしても月500円の定額料金だけでモバイル通信が出来るってのは、実際にその環境が手元で実現しても、いまだに信じられない気持ちの方が強い。

今年の春、奥さんがスマホをSIMフリーに乗り換えた際、キャンペーンでモバイル通信可能なタブレットが月1000円で使えますよって言われて購入したんです。

機器費用込みで月1000円は物凄く安いなって思ってたけど、今回の諸々の過程を経た後だと、それほどお得ではなかったんだなって思ってしまった(いや、十分お得だけど)。

データ+SMSにすべきだったと激しく後悔 ← 私の認識不足だった

さて、全てが手元に揃い、APN設定も済ませ、あとはLINEアプリをインストールすればお終い。意外と簡単にたどり着いたなって思っていたら、ここからが大変でした。

LINEの登録で泥沼にはまり込んでしまったんです。問題は、電話番号を使ったSMS認証。

私が契約したのは、LINEフリープランの「データ」タイプ。

LINEのアカウントは一つの電話番号につき一つしか作れないのは知ってたけど、「データ」タイプでも電話番号はあるのでOKだろうと思ってました。

が、「データ」タイプでは電話番号があっても、その電話番号宛てのSMSが受け取れないんです。ここで初めて気が付きました。「データ+SMS」タイプにすべきだったと。

さて、ここから私の悪戦苦闘が始まるのですが、その苦労話を書く前に、LINEモバイルの「データ」タイプでLINE登録する際の “正解” を書いておきましょう。

私が犯した唯一最大の失敗は、下の一文を見落としたことです。

SMS認証スキップ
なにー、「SMS認証をスキップ」出来る!? これを見落としたがために、ほぼ丸1日、本当に無駄な努力をしてしまいました。

そう、LINEの登録認証をするってことだけなら、「データ+SMS」タイプを契約する必要は無く、「データ」タイプで何の問題も無かったんです。

母親のFacebookページを開設して、という遠い回り道を

私が辿ったのは、LINEアプリをインストールし、流れに沿って登録していき、電話番号を入力し、認証番号をその番号宛てにSMSで送って貰おうとしたらダメだった、という道。

ここで私が間違えたのは、端末のWi-Fi接続をONにして、上の手順を進めたことにあったようです。要は、Wi-Fiで認証作業をしようとしていたんですね。

端末のWi-Fi接続をOFFにしてLINEアプリのアカウントを作成しさえすれば、SMS認証をスキップすることが出来たんです。

Wi-Fiだと、LINE側でその電話番号の認識がされないので通常の手順になってしまうわけです。考えてみれば分かることだったのに。

端末のWi-Fi接続をONにしたまま、認証作業を何度やってもSMS認証で引っ掛かってしまう私が取った手段は、Facebook認証でした。

私が母親のFacebookを作り、そのFacebookのアカウントでLINEの登録をしたんです。

それも、以前作って使わずにあったGmailでFacebookを作り、それでLINEの登録をしようとしたら上手くいかず(私の名前で作ったものだから?)、そのFacebookを一旦削除。

今度は、母親の名前で新しいGmailアカウントを作り、それでFacebookページを開設し、改めてこのFacebookのアカウントでLINEの登録をしたら、やっと認証にパスしました。

いやいや、長い道のりでした。それも無駄な努力だったわけで、結構脱力感が。


LINEモバイルのAPN設定はスゴク簡単だった!

遠方の母親と日常的にビデオ通話をするために購入したタブレット、Huawei MediaPad T3 10 のLTEモデルですが、今回はAPN設定なる作業を行います。

起動

考えてみれば、半年くらい前に SIMフリーのスマホを買った際にも、確かこのAPN設定なる作業をやったんだと思うけど、何となく敷居を高く感じる。

スマホの時は、SIMとスマホを同時に同じ場所(楽天モバイル)で購入しているので、APN設定という過程自体はあったけど、特に改めて設定するような項目は無かったような。

それが今回は、SIMとタブレットを別々に入手したので、ちょっと不安。

nano sim

タブレット側面のカードトレイを付属のピンを押し込んで取り出し、そこにLINEモバイルから送付されてきた nano SIM をセットして、元通り押し込みます。

simセット

タブレットを起動させ、言語の選択や、Wi-Fi設定などを流れにそって進めていくと、途中でAPNという項目が出てきます。

おやー、ここで設定するのかなって思いながらLINEモバイルを選択しますが、そこから更に詳しい項目の設定とはなりませんでした。

APN-1

初期設定が終わり、タブレットが立ち上がりました。

Huawei タブレット画面

続いて「設定」に入り、「その他」をクリック。右側に「その他」の項目が表示されるので、「モバイルネットワーク」を選択。

APN-2

「モバイルネットワーク」の中にある「アクセスポイント名」をクリック。

APN-6

ズラズラッと出て来る各社のAPNからLINEモバイルを選択するのですが、これは上記の通り既に選択してあります。

で、ここから先はどうやって細かい情報を入力するのか分からない。ふと、右端の「i」マークに気が付き、これをクリックしてみると、

APN-4

「アクセスポイントの編集」となりました。ここで、SIMと一緒に送られてきた説明書に記載されている、「名前」や「ユーザー名」などを入力するのですが、既に入っていました。

APN-5

なので、特に何も “編集” することなく、右上のチェックマークをクリックしてAPNに戻り・・・・といった流れでAPNの設定作業完了。

今気が付いたけど、タブレットを最初に起動して、初期設定の流れの中で出会ったAPNの時に、同じく「i」マークをクリックしてやれば、それでAPN設定は終わってたんですね。

これまた今気が付いたけど、APNって「アクセスポイント名」(Access Point Name)の略なんですね。

これを「エーピーエヌ」って読むと、なんか難しく感じる(IPアドレスとかを想像して)けど、「アクセスポイント名」って分かってみると、一気に身近になったような気がする。

これにて、タブレットをLINEのビデオ通話機器として使う準備が整い、あとはLINEアプリをインストールしてあげれば良いだけって思っていたのに、ここからが大変だった。

その苦労話はまた次回に。


Huawei MediaPad T3 LTEは、安くて高品質で大満足!

遠方の母親と日常的にビデオ通話をするため、LINEモバイルのLINEフリープランの契約をしました。タイプは、月額料金が500円の「データ」タイプ。

ということで、今度は母親に渡すタブレット選び。

Amazon で探してみると、現在の主流は7~8インチにあるようです。でも、年寄りが使うので、画面サイズは少しでも大きい方が良いと思い、ターゲットは10インチタイプ。

そして見つけたのが、Huawei のタブレットで、 MediaPad T3 10 のLTEモデル。

Huawei タブレット箱

この春から使っている自分のスマホもHuawei。なので、中国メーカーですが、なんの不安もありません。というか、使っているスマホの素晴らしさから考えれば “期待” しかない。

ただ、型番には「10」って入っているけど、ディスプレイは約9.6インチ。それも、最近主流の1920×1200ドットに対して1280×800ドットと、微妙に不安が無くもない。

この上位モデルに、10.1インチで1920×1200ドットという MediaPad M3 Lite 10 なる機種があって、微妙にそっちと迷ったんだけど、結局LINEのビデオ通話しか使わないし。

という流れを経て選んだ MediaPad T3 10 ですが、手元に届いた箱を開封し、初めて手にした時の第一印象は、「恰好イイ!」。なんか手に持った感触も気持ち良いし。

Huawei タブレット裏

背面右上隅には、500万画素の背面カメラ。因みに、前面カメラは200万画素。下側に見える穴はスピーカーですが、見ての通り中央に1箇所しかなく、モノラルです。

本体の左サイドにはマイクロUSBポートとカードトレイ、そしてヘッドセットジャックがあります。カードトレイにはmicroSDカードとnano SIMがセットできます。

Huawei タブレット左サイド

本体右サイドには、電源ボタンと音量ボタン。

Huawei タブレット右サイド

筐体は航空機グレードを謳うアルミ合金を採用していて、先に触れた通り触った感触も気持ちいいし、見た目としてもチープな感じは一切ありません。

先日購入したタブレットスタンドにセットしてみました。

Huawei タブレット本体

いやいや、本当にカッコいい。画素数の1280×800ドットをちょっと危惧していたけど、画面は明るく綺麗だし、 “粗い” って感覚はまったくありません。

こいつで高精細な画像や動画を見たり、もっと突っ込んだ使い方をしたりすると、色々と不満も出て来るのかもしれないけど、サラッといじった感じでは十分満足。

価格を考えれば満足以上でしょ。こいつが母親の元に行ってしまうのが惜しくなってしまうくらい気に入った。自分用にももう1台買おうかな。

さて、LINEモバイルの通信サービスを使い始めるには、まず最初にAPN設定という作業が必要とのことで、次回その過程を追ってみましょう。


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>