スマホの充電時間が長いので、充電器とUSBケーブルを検証

HUAWEI P9 lite を使い始めて1ヵ月少しが経過しましたが、とても使い易くて大満足しているところです。スマホを手にする機会も格段に増えました。

ニュースを見たり、マンガを読んだり、と。

バッテリーの持ちも良くて、これまで出先で充電が必要になったことは1度もありません。大して使わない日が続くと、平気で2~3日充電しなくてもOKだし。

以前のスマホは、最後の方はバッテリーがヘタってきたこともあり、ほとんど使わなくても1日に1回は充電する必要があったのと比べると、本当に雲泥の差。

スマホを紛失した時に、スマホのGPS機能で場所を特定するような紛失対策アプリがあるけど、でも失くしたことに気づく頃にはバッテリー切れだろうなっていつも思ってました。

バッテリー容量が増えるってことは充電にも時間がかかるってことだけど

さて、HUAWEI P9 lite で一つ気になるのは、充電時間が結構かかること。正確に測ったことは無いけど、空から満充電になるまで3~4時間くらいかかるイメージ(普通?)。

空から満充電にする機会はまだあまりないけど、出掛けようとしたらバッテリー容量が残り少ないことに気づき、ちょっとだけ充電してから出かけようとすると、そのちょっとした時間での充電増加分が少ないような気がする。

その点で言えば、以前のスマホは空になっていても、15分も充電していると半分以上になっていたので、結構便利だった印象があります。

因みに、HUAWEI P9 lite のカタログスペック上のバッテリー容量は3000mAh。旧スマホは2080mAhでした。数字だけで見れば約1.5倍の差。

充電器とUSBケーブルによって充電時間が変わってくることは分かっているので、ちょっと調べてみて、場合によっては高出力の充電器を買おうかなと。

結局、1A以上は流れないようです

先ずは、HUAWEI P9 lite に付属の充電器とUSBケーブル(長さ約1m)で測定。充電器の出力は 5V1Aと、ごく標準的なものです。

実際の測定値は、約0.98Aと規格通りの値が出ているようです。

スマホ充電2

同じく付属の充電器に短いUSBケーブル(約20cm)で充電してみると、こちらも約0.98Aとほぼ同じ。ケーブル長による違いはほとんど無いようです。

スマホ充電1

続いて、5.1V2.1Aの充電器でやってみると、これまた約0.98Aと変化無し。

スマホ充電3

実は、この5.1V2.1Aの充電器を持っていることを忘れていて、出力2A以上の充電器を買おうかと思っていたんですが、買っても意味ないってことが分かりました(そもそも持ってたんだけど)。

要は、受けて側(スマホ側)の問題(対応してるかどうか)ってことなんでしょう。


スマホとBluetoothで接続する体重計を使ってみた

スマホとBluetoothで接続して、測定データをスマホ内に取り込んで記録してくれる体重計。いわゆるスマートスケールってやつを買ったのは今年の正月明け。

ところが、スマホと連動するためのアプリ「Yolanda-Healte Fitness Tool 」が「Android4.3以降のスマホに対応」ということで、当時の私のスマホ(Android4.1)で使えないことが分かって・・・・

結局スマホを買い替えて、1月下旬には使うための準備は整っていたんだけど、使わないまま時が過ぎ・・・・

一つには、以前から使っていたオムロンのカラダスキャンからデータを読み取って記録していくのに慣れてしまって、このルーティンを変える方が面倒くさくなってたんです。

でも昨日、ランニングを再開したのを機に、このスマートスケールに移行することに。

スマート体重計

スマホと連動させてみた

「Yolanda-Healte Fitness Tool 」をダウンロードし、起動するとログイン画面になります。以前作ったアカウントでログインし、次の画面で重量単位を設定。

yolanda1

続いて「機器のペアリング」になりますが、ここの説明が分からない(日本語がおかしい?)。機器に立てて下さい?

yolanda2
本体に乗ると自動的に電源が入るので、逆に言えば乗らないと電源が入らない。ということは、「機器の上に立ってください」ってことかな? 下の絵もそうなってるしね。

いずれにせよ、ぺアジング自体は簡単に出来ました。スマホ側にデバイス(QN-Scale)が表示され、スケール側にもBluetoothのアイコンが表示されました。

機器間の測定データ差異は

実際に測定してみた結果がこちら(体型が「やや肥満」になってるのが恥ずかしいけど)。

yolanda3

カラダスキャンとの測定値を比較してみたのが以下の表。

 QN-Scale カラダスキャン
体重(kg)68.168.2
BMI24.124.4
体脂肪率(%)21.122.5
皮下脂肪(%)18.815.7
内臓脂肪711
基礎代謝(kcal)15301567
体内年齢5952

項目によっては微妙な誤差があるけど、まあそれなりに信頼が置けそうなデータなんじゃないかな。

過去のデータを蓄積していけたり、その変化を項目ごとにグラフ表示出来たりするようですが、まだ1日分のデータしかないので、この辺りはまた後日紹介したいと思います。


駐車場の怪 -- えっ、どうやって清算済みだって認識したの!?

港北ニュータウンにはよく買い物に行くんだけど、モザイクモール港北に車で行ったのは(多分)初めてのこと。ということは、ここの駐車場に止めたのも初めてのこと。

モザイクモールの屋上には観覧車があって、港北ニュータウンのシンボル的な存在。オープン当初、「オー、観覧車だ」って驚いた記憶があるけど、2000年の開業とのことなので、もう17年も前のことなんですね。

今日も、スッキリと晴れあがり、綺麗な青空。新しい携帯で初めて撮った写真らしい写真が、この青空バックの白い骨組みの観覧車。なかなか綺麗に撮れて、うーん、もうコンデジは不要?

屋上観覧車

さて、本日の主題は、ここの駐車場のこと。ショッピングセンターにある普通の駐車場なんですが、その清算の仕組みが不思議で、ここひと月ほど気になってたんです。

えっ、どうやって清算済みだって認識したの!?

駐車場に入場するとき、発券機から駐車券を取ります。

駐車券

で、買い物が終わり、帰る際にフロアにある精算機で事前に清算を済ませておきます。大概は「お買い上げ合計金額」で無料になる時間内なので、清算金額はゼロ円。

事前精算機

そして、駐車場出口の精算機のところで、通常は(事前精算してある)駐車券を入れると、クルマ前方の遮断バーが持ち上がって、外に出れるようになるわけです。

が、ここの駐車場では、出口の精算機に駐車券を入れる必要が無いんです。最初来た時、駐車券を入れようとしたら、投入口が駐車券を受け入れてくれなくて戸惑いました。

で、前方を見ると既に遮断バーは上がっていました。

下の写真は出口の精算機のもの。通り抜けながら写したのでブレてボケてしまいましたが、液晶の表示窓口には「ありがとうございます」と、お辞儀をしている女性のイラストが映っています。

出口精算機

駐車場の清算は済んでいるので、「そのままお通り下さい」ってこと。

「えっ、どうやって清算済みだって認識したの!?」

これが不思議だった。まさか駐車券から何らかの電波を飛ばしているはずも無いし。なんで、このクルマの清算は終わってるってのが分かるんだろ?

キモは、「車番認識カメラ」と「文字認識処理」だった

調べてみたら、タネと仕掛けが分かりました。「車番認識カメラ」と「文字認識処理」だったんです。要は、クルマのナンバープレートを読み取っているってこと。

見つけた解説に若干の想像も加えて説明してみます。

入場時に発券と同時に車番認識カメラがナンバープレートを撮影し、文字認識処理によって認識したクルマのナンバーと駐車券とが紐付けされ、管理サーバーに登録されます。

事前精算をした時点で、その駐車券に紐付けされたナンバープレートを持つクルマは、清算が終了したことが(再び管理サーバーへと)通達されます。

そして、出口ゲートにクルマが行くと、再び車番認識カメラがナンバープレートを撮影し、文字認識処理を行い、管理サーバーに問い合わせ、清算が終了していることが分かり、遮断バーが上がる。

なるほど! 賢いなー。

便利だなーって思う反面、でも、これって間違いなく「記録」されてるんだろうなって。

ナンバープレートが分かれば、個人情報までたどり着けるわけですから、例えば何かの事件が起こった際などは、警察によって問い合わせがあるなんてのも想定内でしょう。

もちろんショッピングモールだけではなく、公共の駐車場とか、空港の出入りとか、知らない内に様々な場所に設置されて活用されているんでしょうね。

便利なような、そして恐ろしい感じがしないでもない仕組みですね。


2.4GHzノイズ対策を施したUSB3.0ハブのモニターテスト

以前、「USBメモリが発する高周波ノイズでマウスの動きがガクガクに」という記事を書きましたが、今回、電机本舗さんの、「USB3.0ハブ HWUH3」のモニターに参加せて頂きました。

これは、2.4GHzノイズ(妨害電波)対策を “徹底的” に施したUSB3.0 ハブとのこと。

USB3ハブ

USB3.0/3.1は仕様上、2.4GHz帯に影響を及ぼす妨害電波を出すそうです。前記の記事で私が体験した「マウスの動作の不具合」は、この「2.4GHzノイズ問題」によるものです。

私が使っている Logicool のワイヤレスマウス M510 では、PC側のUSB受信機とマウス本体とのやり取りに2.4Ghzを使っているので、ここにノイズが乗ったということでしょう。

また、Bluetoothは通信に2.4GHzの電波を使っているし、Wi-Fiの多くも2.4GHzの電波で無線通信しているので、これらの機器もノイズの影響を受けるそうです。

マウスでは、マウスポインタの動きがガクガクになりましたが、Wi-Fiで繋がっているタブレットPCの通信が妨害されたり、Bluetoothヘッドホンで聴いている音楽が途切れたりするわけですね。

前回の状況を再現

今回のモニターテストに先駆け、以前の状況を再現してみました。

机下にあるPCのトップ面にUSB2.0 とUSB3.0 ポートが2個ずつ並んでます。このUSB3.0 ポートにTranscend のUSBメモリを挿し、隣のUSB2.0 ポートにマウスのレシーバーを挿したんです。

USB2と3が隣に

どうなったかというと、もうほとんどマウス操作が出来ない状況に。以前は、最初はちょっとした引っ掛かりを感じ、時間経過と共にそれが酷くなっていったのですが、今回は最初からダメダメ。

ということで、(当たり前だけど)相変わらずUSBメモリからは妨害電波が発せられているようだし、マウスはその影響をモロに受けているようです。

ところで、私はこの「2.4GHzノイズ問題」にどうやって対応していたかというと、USB2.0 ハブにマウスのレシーバーを挿し、これを机の上に置いていたんです。

PC直挿しのUSBメモリとマウスレシーバーとを離して置いただけですが、これで何の問題も無く両者を同時に使うことが出来るようになりました。

ノイズ対策を施したUSB3.0 ハブの存在意義は?

さて、「USB3.0ハブ HWUH3」を使ってみます。

テスト方法は、取り敢えず以下の2つでやってみました。

(1)USBメモリ ⇒ PCのUSBポートに直挿し
   マウスレシーバー ⇒ HWUH3 に挿して、USBメモリから離して(机の上に)置く

(2)USBメモリ ⇒ HWUH3 に挿して、マウスレシーバーから離して置く
     マウスレシーバー ⇒ PCのUSBポートに直挿し

結果は、どちらも何の問題も無く使えます。

ただし、(2)の方はUSBメモリを挿したHWUH3 の置き場所によっては、マウスカーソルの操作に微妙な引っ掛かりを感じることもありました。

ところで、この片方の機器をPCに挿し、もう片方をUSBハブに挿して使うというのは、(多分、なんのノイズ対策もしていないだろう)USB2.0 ハブの時と同じ状況です。

逆に言うと、敢えてノイズ対策をしたUSB3.0 ハブ(HWUH3)を使う必要があるのか?

この辺りの疑問を電机本舗さんの担当者の方とやり取りさせて頂いたところ、「ノイズ対策が無いと信号にUSB3.0 のノイズが飛び込みUSB2.0ハブまでノイズが逆流する可能性もある」とのこと。

なるほど。逆に言えば、我が家でUSB2.0ハブで問題が解決していたのは、単に運が良かっただけという可能性もあるってことのようです。

あれー、他の機器はノイズの影響を感じない?

さて、ついでに手元にある同じような機器でも試してみました。使ったのは、ロジクールのワイヤレスマウス M545と、エレコムのワイヤレスタッチパッド M-TP01DSの2機種。

どちらもレシーバーをPCに挿し、2.4GHzで無線通信を行います。

先ずは、ノイズ障害を受けたのと同じロジクールの、ワイヤレスマウス M545。

マウスM545

このレシーバーを(ワイヤレスマウス M510 が影響を受けたときと同じように)PCトップ面のUSB2.0 ポートに挿し、隣のUSB3.0 ポートにUSBメモリを、隣り合わせで挿してみました。

結果はというと、何の影響もありません。マウスカーソルはマウスの操作に追従してスムースに動いています。あれー、なんで?

続いて、エレコムのワイヤレスタッチパッドのレシーバーを、上のマウスのレシーバーと差し替えて操作してみると、こちらもノイズの影響を受けているような感じはありません。

タッチパッド

うーむ、こうやって実験してみると、Transcend のUSBメモリがノイズを出していることは間違いないと思うけど、特にM510 がその影響を受けてしまったということなのかな。

もしかしたら長年使っているマウスなので、どこかが経年劣化しているとか、あるいはマウスの電池の残りが少なかったとか、何か他の要因もあるのかもしれません。

ということで、「2.4GHzノイズ問題」は一旦終了です。


4種類のHUAWEI P9用ケース、どれを使おうかな?

HUAWEI P9 lite 用のケースを4種類、eBayとAliExpressから買ってみたわけですが、さてどれを使おうか迷い中。

因みに、この4つの合計金額は、US $7.2です。日本円にして約800円少し。国内だと、安いケースが1個買えるかどうかという金額。これで送料込みですから、本当に驚き。

huaweiケース4種

まあ、どれにも欠点はあるんだけど

さて、のシルバー(というかグレーだな)のケースは論外かな。見た目も作りもチープだし、スマホの保護にもそれほど貢献してくれなさそうだしね。

そう言えば、スマホケースを買うにあたり、出来ればストラップを付けられる穴があると嬉しいなって思っていたんだけど、このグレーのケースは、4つの中で唯一その穴があるんです。

ただ、この穴にストラップを通し、そのストラップでスマホ本体を吊り下げたら、いつ穴の部分が千切れてもおかしくないくらい弱々しく見えるので、飾り用のストラップ以外は使えそうもありません。

のアルミバンパーケースは、価格(約300円)を考えると、全体的に驚くほど良く出来ていると思います。ただ、装着した時にスマホ全体が(印象的には)一回り大きく見えるのがイヤだな。

背面の鏡面仕上げも、綺麗な状態を保つのは大変そうだしね。

残るは、右側の2つの。そして、は結構イイんですよ。黒い本体パーツの触り心地もいいし、黒一色だと単調になってしまうのを、上下の金色のパーツがアクセントになっていて。

ただ、残念なことに、この金色パーツの出来が良くない。色も微妙に品が無いし、いかにもプラスチックを金メッキしましたという感じが漂っていて。

ちょっと手を加えて

ということはかな。

TPUケース

縁の金メッキの出来も、まあまあ悪くない。TPU製なので、全体的に弾力があって、手に持った時の感触も良く、中のスマホを衝撃から保護するのにも適してると思う。

ただ、TPUの欠点は、時の経過と共に黄ばんでくること。使っていると、何となく薄汚くなってくるんだよね。なので、それほど長期的には使えないかもしれない。

ま、安いので、気分転換も兼ねて定期的に買い替えていけばいいんだけどね。

さて、実際にこいつと使おうと決めると、裏側がどうも味気ない気がしてきた。

TPUケースバック

せっかくの透明ケースなんだから、内側に何かアクセントになるようなシートを挟んでみようかな。

試しに、オードリーヘップバーンの絵画風の写真をプリントアウトして入れてみました。

ヘップバーンケース

うん、思ってた以上にイイかも!


tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>