横浜から伊豆熱川に自転車で向かう -- 下田で幕末の歴史に

横浜から熱川へと自転車で向かった旅でしたが、翌日は予報通り朝から雨。

雨の保養所

このまま現地解散では勿体ないので、みんなで伊豆急行線で下田に向かうことに。雨の中を片瀬白田駅に向けて歩きますが、輪行バッグに入れた自転車が肩にずっしりと食い込みます。

片瀬白田駅から下田まで電車で約25分。

片瀬白田

育った地元の横須賀市久里浜にもペリー上陸記念碑があります

天気さえ良ければ、自転車で下田の町を是非とも走り回ってみたかったのですが、そうもいかず、重い自転車を担いで傘をさしながら町を散策。

下田で貰った観光マップには、「吉田松陰拘禁の跡」なんてのがあります。下田は、吉田松陰が異国を見聞しようとペリー艦隊への密航を試みた場所であり、数多くの吉田松陰に関する史跡が点在しているそうです。

吉田松陰と下田に関わりがあったとは、この日まで知りませんでした。下田は、日米和親条約の締結に伴い、函館とともに日本で最初に開港となった港町なんてことも初めて知りました。

吉田松陰のペリー艦隊への密航に関して、ペリー提督の文書が残されているそうです。そこには、

「日本の厳重な法律を破り、知識を得るために命を賭けた二人の教養ある日本人の烈しい知識欲を示すもので、興味深いことである。日本人の志向がこのようなものであるとすれば、この興味ある国の前途は何と実のあるものであるか、その前途は何と有望であることか。

(中略)当局が寛大であり、二人の首をはねるというような極刑を与えないことを望む。なぜなら、それは過激にして残忍な日本の法律によれば大きな罪であっても、我々にとってはただ自由にして大いに讃えるべき好奇心の発露にすぎないように見えるからである」

そう言えば、ペリー艦隊上陸の碑があることだけは知っていました。私の育った横須賀市久里浜にも同じくペリー艦隊上陸の碑があるので、なんとなくライバル視していたんですね。

下田マップ
天気が悪かったのが返す返すも悔やまれるなあ。いろいろと回ってみたかった。

宝福寺で唐人お吉と坂本龍馬のことを知り

今回の下田に来た目的はキンメダイのお刺身を食べる事なので、雨ということもあり特に観光周りもせず、行ったのは宝福寺だけ。このお寺には「唐人お吉記念館」があり、「唐人お吉のお墓と龍馬飛翔の寺」として有名なようです。

入館料400円を払って中に入ると、お吉さんのお墓や、お吉さんや龍馬にまつわる様々な資料を見ることができます。名前しか知らなかったお吉さんの悲しい物語をここで初めて知りました。

正面の立派なお墓は水谷八重子さんの寄贈によるもので、その右隣にある粗末なお墓が本来のお吉さんのお墓とのことです。

お吉さんのお墓

唐人お吉とタウンゼント・ハリスの写真が飾られていました。19歳のお吉さん、なるほど美人です。これなら悲劇の主人公になってしまうのも分かりますね。

唐人お吉の写真

そして、坂本龍馬が下田に縁があるとは、これまた知りませんでした。お吉さんと龍馬と、2人の名前が並んでいますが、この2人の間に何らかの関わりがあったということではありません。

宝福寺に投宿していた土佐藩主山内容堂が、この寺で勝海舟と会談した際、海舟は容堂に龍馬の土佐藩脱藩の罪を解き、その身を自分に預けてほしいと懇願したのです。

この海舟の尽力によって脱藩を許された龍馬が、その後の飛翔のきっかけとなったのが宝福寺であるということです。赦免の証として海舟に手渡された容堂の白扇も展示されていました。

容堂の白扇

キンメダイを美味しく頂いて

さて、目的のキンメダイのお刺身を食べさせてくれるお店に到着。同行の先生の馴染みのお店とのことで、新鮮なキンメダイのお刺身を姿作りで食べることができます。

キンメダイお刺身
下田港はキンメダイの水揚げ量日本一とは、後日知ったことでした。

キンメダイで昼食も食べ終わり、あとは帰るだけ。他の皆さんは下田から特急で東京方面を目指すとのこと。私は(できれば熱海から)自転車で帰りたいけど、この時間では夜にかかってしまいます。

なので、南箱根の別荘で1泊し、明日の朝に帰ろうかと。ということで、私だけ熱海経由で函南駅へと向かいますが、その話は更に次回に続きます。


横浜から伊豆熱川に自転車で向かう -- 宇佐美~片瀬白田

横浜から伊豆熱川へと自転車で向かう旅。

初回は新横浜から大磯まで自転車で、そして大磯から熱海までは電車で輪行の模様を。2回目は熱海から伊豆の海岸沿いを自転車で宇佐美まで南下しました。

3回目は、宇佐美から目的地の片瀬白田への旅の模様をお伝えしましょう。

宇佐美~伊東~川奈は、上り下りがなく道路も広く走りやすかった

宇佐美は、伊東線で伊東の一つ手前の駅。熱海から18kmくらいしか走っていないので、まだ34km前後残っていることに。ここまでのペースだと、更に2時間半くらいはかかりそうです。

前回も書きましたが、海沿いの道を走る続けるのに、大半は山を登ったり下ったりで、低地で海岸の脇を走るのは52kmの内の僅か15kmくらいしかありません。

その中でも一番距離が長かったのが、この宇佐美から伊東を通って川奈までの約10kmの区間。

伊東の町に入ると、道路脇の歩道も幅広で、全体的によく整備されている感じがします。

伊東の海岸沿いには、「伊東に行くならハトヤ。電話はヨイフロ(4126)」で有名(今の人は知らない?)なハトヤホテルの一つ、ホテルサンハトヤが建っていました。

ところで、地図で調べると伊東には「湯川終末処理場」という名前の施設があります。この名称を初めて見たとき、なにか禍々しい場所を想像してしまいましたが、実際には汚水処理場でした。

海岸沿いを進むと、伊東マリンタウンというショッピングモール風の建物が。「ゆ」も「しまむら」も入っています。

伊東マリンタウン

伊東港の様子。

伊東港

伊東港を過ぎたところで、右方向の山上へと向かう135号線をそのまま進む積りだったのが、いつの間にか109号線を川奈港の方へと向かっていました。

川奈港から引き返して城ヶ崎海岸を目指す

しばらく行くと行き止まりに。地元の方が声をかけて教えてくれた道を、川奈駅方向へと坂道を登って行きます。T字路に標識が。右に行けば、川奈駅前を通って当初の予定の135号線に出ます。

左に行くと109号線を海岸沿いに走り、城ヶ崎海岸の先で135号線に合流します。

城ヶ崎海岸方向へ

この標識前で時間は4時。残り距離はまだ24kmもあります。16km/hのペースで到着予定時刻は5時半。日が暮れて走る想定はしていなかったので、テールライトを付け忘れてきてしまいました。

少しでも陽の光が残っている内に着きたいなと一生懸命漕ぎますが、実はここからが今回の自転車旅の最大の難所だったんです。

帰ってからルートラボで調べると、130m、100m、そして90mという3つの峠を登り降り。もう既に疲れきっている身にとっては、かなり辛かった。

国道135号に合流した辺りでいよいよ日が暮れてきました。あと1時間弱の道のり。

日が暮れてきた

1日の難行苦行の末に待っていてくれたのは至福の瞬間でした

最後の最後、国道から研修保養所への入り口で迷いました。家を出る前に、PCに映した地図をカメラで撮ってきたものを見ながら道を探しましたが見つからずに行き過ぎて。

「スーパー丸井」はすぐに見つかりました。ところが「きんなべ」と「旭屋商店」がありません。更に、この地図で見ると旭屋商店の横を曲がる道、結構広めな道路の印象が。

研修所への地図

実際には、なんか路地裏に入っていくような本当に細い道路なんです。翌日の朝に見てみても、やっぱり「きんなべ」と「旭屋商店」があるのかどうか分からず。

これじゃあ、夜の暗い中で迷うのは当然かも。

そんな苦労の末に辿り着いた保養所で待っていたのは、参加者の一人が持参してくれた立派な木箱(それも革張り)に入った「バランタイン30年」。

バランタイン30年物

いやー、これまでの人生の中で飲んだお酒で、一番美味しかったかも。ご馳走さまでした。

更に、帰り道編へと続きます。


View 熱海~片瀬白田 in a larger map



横浜から伊豆熱川に自転車で向かう -- 熱海~宇佐美

前回の続きで、今回は熱海から目的地の片瀬白田へと伊豆の海岸線を自転車で南下します。

熱海を出発したのは、2時少し前。ここから目的地まで約52km。順調にいっても3時間強はかかる計算になるので、5時くらいに到着予定でしょうか。集合時間には大幅に遅れそうです。

熱海から錦ヶ浦を通過して

さすがに熱海、もう梅の花が満開です。

熱海の梅

熱海駅前から坂を下り海岸に出たら、いよいよ伊豆半島の南下開始です。熱海城の下、急な上り坂をひたすら漕ぎ上がると、自殺の名所として名高い(?)錦ヶ浦の断崖の上に出ます。

錦ヶ浦の案内看板を見て、ずいぶん昔に両親と来た記憶がよみがえりました(いや、“観光” でね)。

下は、断崖の上をしばらく走った後に振り返って撮影したものです。この辺り、道路の脇に一段高くなって微妙に狭い遊歩道があるので、そこを自転車で走っていたのですが、これが恐かった。

高所恐怖症の私は、自転車で走りながらフラッと左に倒れたら崖下に真っ逆さまだよなーって考えると緊張で体が固くなり、今度は道路側に落ちそうになったりと大変でした。

錦ヶ浦

崖上をしばらく走ると眼下に見えてきたのはビーチリゾート曽我浦。写真左手の山上に見える建物はケア付きのリゾートマンションだそうです。

ビーチリゾート曽我浦

道路を隔てた山側にはアカオリゾートのハーブ園とかローズガーデンがあります。熱海のすぐ先にこんなリゾート施設があったとは全く知りませんでした。

アカオローズガーデン

長浜海水浴場から網代港を過ぎて

海沿いの道を走る続けるのに、今調べたら低地で海岸の脇を走るのは52kmの内の僅か15kmくらいしかありません(あとは山を登ったり下ったり)。その希少な海岸脇の一つ長浜海水浴場。

長浜海水浴場

沖に見えるのは初島。

沖に見える初島

網代港を過ぎると急な登り坂が。その後、相模灘に沿って山の上を走ります。

相模灘の崖上には2つの長いトンネルが

途中に何箇所かトンネルがありましたが、このトンネルを自転車で走るのが恐いんです。路肩が狭い上に、反響音で大型トラックがすぐ横を走っているような錯覚もあったりで。

そして、この相模灘の崖上の道路を走っていると、ひと際長いトンネルに出会いました。先ずは約500mの御石ケ沢トンネル。

御石ケ沢トンネルに入る前に、その海寄りに廃道っぽい脇道があって、もしかしたらそちらを通ってトンネルの向こう側へ行けるのかなって思ったのですが、行き止まりで引き返してくるのも嫌なのでトンネルへと進入。

長いトンネルは特に恐い。もう、早くトンネルを抜けたいのに出口が中々見えてきません。

御石ケ沢トンネルを抜け出て一安心したら、すぐその先に今度は約650mの新宇佐美トンネルが続きます。見ると、こちらも海寄りへと道路が走っています。

御石ケ沢トンネルの恐さに懲りて、物は試しと脇道へと入って行きました。使われていない道路のようですが、それほど荒れている感じはしません。

トンネルを避けて

途中、2chの「恐い話」に出てきそうなトンネルを抜け(夜、一人では絶対に近づきたくないなー)ると、元の道路へと見事に続いていました。出口側は簡単に鎖で閉鎖されていましたが。

ここから一気に坂を下って、到着したのは宇佐美。伊東の少し手前で、時間は3時過ぎ。熱海から1時間少し走って来ましたが、距離にして約18km。上り下りが多いのでペースが全然上がりません。

体も疲れてヘロヘロなので、次回に続きます。


View 熱海~片瀬白田 in a larger map


横浜から伊豆熱川に自転車で向かう -- 横浜~熱海

大学時代の研究室の先生が学校を退官されることになり、伊豆熱川の先の片瀬白田に大学の研修保養所があるとのことで、そこで先生の退官祝いと同窓会を兼ねて行うことに。

せっかくなので自転車で行くことにしました。自宅(新横浜近辺)から片瀬白田までルートラボで道筋を探しながら調べていくと、距離にして約130Kmくらいになりそうです。

まあ、近くはないけど、自転車にとっては1日で充分に走破出来る距離です。

天気が崩れそうなので、折りたたみ自転車で

ただ、天気予報が思わしくありません。行く日は快晴で、2月の頭にしてはとても暖かいとのこと。ただ、翌日は雨の予報。自転車で行って雨に降られては身動きが出来なくなってしまいます。

KHS F20-Rそこで、折りたたみ自転車の KHS F20-R で行く事にしました。

最悪、雨で乗って帰って来れなければ、折りたたんで輪行で帰ってくればいいかと。実は、ここ2年くらいこの自転車には乗っていないので不安な気持ちも微妙にあったのですが。

整備状態は悪くはないと思うけど、少なくともタイヤの空気は抜けきってしまっています。

前日の夜、屋根裏部屋から持ち出して来て組み立て、タイヤに空気を入れたり、サドルバッグに予備のタイヤや携帯工具を入れたり。

結局、準備に明け方の3時くらいまでかかってしまいました。

その結果がどうなるかというと、お決まりの朝寝坊。7時くらいに起きて、遅くても8時には出発する積りが、起きた時点で8時を過ぎていました。

現地研修所に集合(目安)時間は3時半。現地までの距離130kmを、少し余裕を見て15km/hで行くとすれば、かかる推定時間は8時間半。

これだと遅くとも7時には家を出ないと、集合時間には間に合わない計算になります。

そもそもの想定が間違っていたのに、それが更に寝坊ですから、とてもじゃないけど間に合うはずがありません。

結局、家を出たのは9時半。この時点で、気持ち的には負けていましたね。全行程を自転車で行くことは諦め、一部の区間で東海道線を利用しながら行こうかと。

ちょっと軟弱だけど、電車も利用となると F20-R で行く意味合いが増えました。

環状二号線 → 1号線 → 30号線で海を目指して

先ずは、走り慣れた環状二号線を通って東戸塚へ。東戸塚の先で交差する1号線(東海道)に乗り、一路江の島方面を目指します。途中、戸塚駅横の開かずの踏切で約20分の足止め。

1号線は、藤沢の少し手前で藤沢バイパスと名前を変えます。藤沢バイパスを自転車で走行できるのか? 出発前にネットで調べてみましたが、明快な解は無いようです。

自動車専用道路ではないので、法律的には自転車での走行は可。でも、横を走る自動車は相当なスピードで走っているので、そこを自転車で走るのはそれなりの覚悟が必要とのこと。

安全策を取って、1号線から分岐する県道30号線で行くことに。しばらく走ると、藤沢駅のそばを流れる境川にかかる藤沢橋を渡ります。

藤沢橋
そのまま道なりに県道30号(湘南新道)を進むと、浜須賀の交差点(歩道橋)に到着。

浜須賀
目の前に広がるのは辻堂の海岸です。この時点で11時15分。

辻堂海岸

海沿いの134号線をどこまで行けるかな?

海岸沿いを走る134号線をしばらく走ると、道路標識に大磯まで6km、小田原まで25kmとの表示が。できれば小田原まで自転車で行きたいけど、そうすると小田原につくのは1時過ぎに。

柳島交差点
熱海から熱川までの道のりを考えると、ここは無理をせず、大磯辺りで電車に乗るのが好判断かなと、ちょっと迷っている状態。

相模川を渡って、茅ヶ崎から平塚へと入ります。

相模川を渡る

橋の上から下を覗くと、河川敷ではゴルフの練習に励むおじさんたちが。

ゴルフ練習

橋の途中には、見晴らしポイントのような所に湘南大橋というエンブレム(?)が何箇所か。

湘南大橋

大磯から熱海までは電車で輪行

道なりに走っていると、いつの間にか大磯駅の前に出ました。時間は12時。ここで自転車を折りたたみ、輪行で熱海まで東海道線に乗ることに。

大磯駅

しかし、東海道線をなめてました。自転車を輪行バッグに収納している最中に熱海行きの電車のアナウンスが。まあ、次の電車で行けばいいやと焦ることもなく準備を。これが間違いでした。

ホームに行くと、行ってしまった電車は12時9分発熱海行き。次の熱海行きの電車は、なんと44分後の12時53分までありません。10分も待てば次の電車が来ると思っていたのに。

結局、熱海に着いたのは1時半過ぎ。

熱海駅

久しぶりの熱海駅は、駅前の風景がかなり変わっていました。夏の行楽シーズンに向けて工事の真っ最中? この写真の左手側には、無料の足湯温泉までできていました。

熱海駅前工事

さて、熱海から片瀬白田まで、海岸線を約50km。いやー、なめていました。その話は次回


View 新横浜-片瀬城田 in a larger map


【自転車と遊ぶ】カテゴリ目次 - その他の[8]


◆本の題名◆
SELLE SMP HYBRID(ハイブリッド)購入。だいぶ前に購入した EXTRA(エクストラ)に続いて、SMP 2つ目のサドル。

どちらも入門用の安めのサドル。それでもそれなりの値段ですけどね。形状はほとんど変わらないけど、エクストラからハイブリッドになったことで約70gの軽量化は少し嬉しい。

◆本の題名◆
BUSCH&MULLER(ブッシュ&ミューラー) のサイクルスター901/3 をブルホーンバーの先端に付けるための加工。

以前も同じ作業をしたけど、折れてしまったので2つ目。ブルホーンバーとサイクルスター901/3 の組み合わせを体験してしまうと、もうこれ無しでは走れないくらい快適。

◆本の題名◆
SMP のハイブリッドを、以前使っていたエクストラと同じセッティングで取り付けたら、かなり前下がりになっていた。

レールとサドル本体との相対関係が原因で、何も考えずにやるとこうなるという悪い見本。セッティングの基本は水平とのことで、水準器を使って正確に取り付け。iPhone アプリも便利!

◆本の題名◆
自転車のポジション出しって、基本的にはサドルの位置とハンドルの位置を決めること。

サドル高には明確な根拠があるのにハンドル位置に関してはそれが見つけられずに “適当に” セッティングしていたけど、結構明確に定義してくれるやつを見つけました。

◆本の題名◆
もう、ずーっと昔から疑問に思いながら曖昧なままにしていたこと。それは、ギアチェンジの仕方。

フロントギアが2段、あるいは3段の場合、当然ギア比が交錯する組み合わせがあるはずだけど、それってどういう時に、どういう選択をするのがいいのかが良く分からない。

◆本の題名◆
フロントが3段だと、ギアの組み合わせはドーンと増えて、更に複雑になると思いきや。

フロントを3段にするメリットは、ギアの組み合わせの選択肢が増えることによって、ギアチェンジの流れをスムース且つシンプルにすることにある?

◆本の題名◆
普段、自分が多用しているギアの組み合わせって、それほど意識した事はありませんでした。

ギアの選択と走行スピードとは密接な関係があるという当たり前の事実に気づいた時、そこから導き出されることに興味を持ちました。もちろん、ケイデンスという要因もありますが。

◆本の題名◆
香港の通販会社 DealeXtreme から購入したテールライトが値段の割に優れモノ!

これと形状がソックリなホンモノ(?)があるんだけど、明るさ的には少し劣るものの、値段を考えればこれで十分ではないかと。そのへんのと比べても十分過ぎるほど明るいし。

◆本の題名◆
上の項を書いていたら、型番は少し違うけど、正規品の「Smart Lunar」をだいぶ前に買っていた事を思い出した。

使わずにしまってあったのは「R2」というやつ。「R1」(正規品の方ね)が「1W LED×1とサブLED×2」に対してして、こっちは「0.5W LED×2」という構成。明るさを比較したら、思わず笑っちゃいました。

◆本の題名◆
自転車の収納にバイクハンガーを使っているんだけど、フックとフレームの間にブレーキケーブル挟み込んでしまい、それで傷が。

フレーム浮かす目的でフックの部分にフェルトを巻き付けてみたりしたけど、根本的な解決には至らず。それではフレーム側を保護しようかと保護テープを購入してみるも・・・。


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>