【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2016年7月

外気温34℃なのに中は9℃の世界!? 地下採掘場跡、寒かった~

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


将棋に興じ、釣り堀でまどろみ、そして一日がゆったりと

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


浅草のブラジル料理店でシュラスコを堪能!

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


迎賓館を見学に行ってきた -- ずいぶん物々しいものなのね

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


国立西洋美術館とか、何度もその前を歩いているのに・・・

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


青さを際立たせ、高さを感じさせ、深さを教えてくれるのは、雲

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


ウクレレ? ピカチュウ? ミッフィー? 色々盛りだくさんだな

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


tag :

2017年3月1日 久しぶりのランニングで感じたのは “春”

薄曇りの3月1日。約1か月半ぶりのランニング。ふくらはぎに不安は残りますが、そろそろいけそうな感触もあって、3月初日を区切りにする積りで走ってみました。

170301鶴見川-07

走り出す前にふくらはぎのストレッチを行い、ふくらはぎの温度を上げようと軽く叩いたり、そしてもちろんふくらはぎサポーターも着用して準備は万全、の筈。

ちょうどお昼時で、散歩する人や、もちろんジョギングする人も、そして学校帰りの学生とか、人出が多い印象。

そして、不思議と “春” を感じました。気温もそれほど高いわけではないので、どこに?って聞かれると分からないけど、なんとなく。

170301鶴見川-01

空気感とか、匂いとか、枯草の隙間に見え隠れする緑とか、あるいはすれ違う人が纏っている雰囲気とか、そんな諸々の要素が重なり合った結果の印象なんでしょうね。

170301鶴見川-02

中学校で英語を習い始め、現在完了形で最初に教科書に出てきたフレーズは、Spring has come. だったと記憶しています。まさに、そんな感じかな。

170301鶴見川-03

体全体で春を感じながら、意識はふくらはぎに集中。とにかくふくらはぎに負担をかけないような走り方を心がけました。

具体的には(イメージですが)、上体を前に傾けていくと自然に足が前に出るので、その状態を維持しながら前へと進む。ふくらはぎ(足の裏)で地面を蹴らないようにしながら。

170301鶴見川-04

ところで、この花は何だろう? この時期になると、毎年迷って、毎年調べて、何となく納得しているような気がする。正解かどうかは確信が持てずに、ね。

花枝(首)が短いので、桜ではないでしょう(季節的にもね)。となると、梅か桃の花。幹を見ると、割れてザラザラした感じなので、多分梅の花なんだと思う。

170301鶴見川-05

こちらの赤い花は何だろう? 幹に斑点模様があるので、こちらは桃の花かな。

170301鶴見川-06

ただ、花びらの形状で区別すると、花びらの先端が丸い=梅、先割れ=桜、尖っている=桃とのことなので、それからすると桜の花びらみたいなんだけど。

まあ、必ずしもあてはまるわけではないようだし、同じ場所から2つの蕾が出ているようなので、やっぱり桃の花かな。


tag :

Picture of the Month - February 2017

痛めたふくらはぎの負担を少しでも減らそう(ってのは言い訳で、実際には寒さに敗けて)と、今年の2月はカメラを持って長距離を歩く機会が1回しかなかった。

なので、「今月の写真」として紹介する素材があまりない。

その唯一の長距離散歩となったみなとみらい。雲が多く、風も強かったけど、気温的には比較的高めの1日でした。

pic of 1702-01

昼過ぎに臨港パークに着く頃には、雲の切れ間に見える青空の範囲が広がってきた。

pic of 1702-02

臨港パークを端から端まで歩いている間に、上空に青空が広がっていきます。低空にはまだ厚い雲が垂れ込めていますけどね。

pic of 1702-03

着々と工事が進行している「新港ふ頭客船ターミナル」の跡地。でも、春になったら何かが出来上がってるって感じではないな。もう少し長いスパンの工事のようです。

pic of 1702-04

赤レンガ倉庫前の広場は、冬のイベントと春のイベントとの隙間期間のようです。

pic of 1702-05

象の鼻パークでも工事が進められていますが、こちらは春にはお目見えすることが出来そうです。日本庭園風(?)の東屋みたいなのを作ってるのかな。

pic of 1702-06

港町ってのは、やっぱりこういう船が似合うな。

pic of 1702-07

下旬には南箱根を訪れ、到着した日の翌朝に出会った富士山。

pic of 1702-08

そして、帰りがけの際に出会った富士山。

pic of 1702-09

そんなこんなで、明日から3月。3月と言えば、気分的にはもう春ですよね!


tag :

毎日のように表情を変える富士山と共に

昨年の夏以来なので、半年ぶりの南箱根。年末から正月にかけて来る予定がダメになり、1月の中旬に予定をずらしたら、そこもダメで、いつの間にか2月下旬に。

今日は朝からスッキリと晴れて、富士山も美しい。

170223南箱根-01
Google マップで距離を調べてみると、ここから富士山まで直線で約40km。以前、自宅近くから測ったら約80kmだったので、その半分と言えば半分だけど、まだ遠いな。

手前が丹那盆地で、その向こうに広がっているのは箱根の山々。

170223南箱根-02

夜になっても天気は良く、久しぶりに見た夜景も美しいなと。いつも、この明るい町はどこなんだろ?って疑問に。地図で見ると、沼津のような気はするんだけど。

170223南箱根-03

函南のユニクロにお買い物に来ました。そろそろ夕焼けが始まろうかという時間帯。

170223南箱根-04

ユニクロで買い物を済ませて外に出てきたら既に日は落ちて、空には綺麗なグラデーションが夜の始まりを告げていました。

170223南箱根-05

今日は横浜に帰る予定ですが、朝から雨。雨は別に構わないけど、帰り道に通る箱根峠は、この雲では先が全く見えない状態の筈。

170223南箱根-06

お昼頃から雨が上がり、下の方から雲が薄れてきました。

170223南箱根-07

そして、青空が。山の上に雲は残ってるけど、これなら通れるでしょう。

170223南箱根-08

夕方、帰路で見た富士山。なんか、墨絵を流したような感じの風景でした。

170223南箱根-09


【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2016年6月

「北新横浜 謎の建造物」で検索しても見つけられなかったコイツ

no nameno nameno nameno nameno name


ムラサキツメクサで紫色の花冠を作ることはできるのか?

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


八景島にて、アジサイと、またアジサイと、さらにアジサイの写真を

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


横浜開港祭 みこしコラボレーション -- 昔懐かし伊勢佐木町にて

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


ハクバのレンズペンでレンズ掃除をしたら、その結果にビックリ!

no nameno nameno nameno nameno name


Picture of the Month - June 2016

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>