デザインナイフとアートナイフの替刃は共通ではない?

革の曲線カットにNTのデザインナイフを使っています。ヘッド部の軸が回転するようになっているので、細かい曲線部を切る際に使い易いなって。

デザインナイフ
使い始めの頃は、この軸が回転するのが変な感覚で使い難く感じたのですが、扱いに慣れて来ると意図と感覚とが合致してきたというか、なんと言うか。

で、使っている内に刃が鈍ってきたので手元にある替刃に交換しようとしたら、刃の大きさが全然合わない。あれー、このデザインナイフに合わせて替刃を買った記憶があるのに?

替刃比較
下がデザインナイフの刃で、上が手元にあった替刃。

調べてみたら、上の大きな替刃は、オルファのアートナイフ用の替刃でした。どちらも共通した替刃が使える積りでいたんだけど、やはりメーカーが違うと、それは無理ですね。

アートナイフ

仕方ないので、今度はこのアートナイフを使ってやろうとしたら、なんかやり難い。刃先が回転する感覚に慣れてしまったからで、使っていれば慣れてくると思うけど。

でも、NTのデザインナイフの刃の方が幅も狭いので、より細かいカットには向いてるような気がするなー。

アートナイフで

ということで、せっかく本体があるのだしと、改めて替刃を買いました。下側がNT デザインナイフ用の替刃。40枚入りで200円もしません。

デザインナイフ替刃2種

この替刃、NT 円切りカッターの替刃としても使えそうな気がする。でも、刃を寝かせることの出来ない円切りカッターには、刃先角度が少し鈍角な方が良いのだと思いますけどね。

円カッター替刃

が、なんと、今この文章を書きながら、上の写真を見ていて気が付いてしまいました。刃に「OLFA」の刻印があるじゃないですか。

この下側の刃は、NT デザインナイフに付けられていた交換前のもの。「NT」ではなく、「OLFA」になっているってのは、どういうこと!?

オルファなの

革のコバを削るためのドレッサーの柄を作る

革のコバを削ったり磨いたりするのに色々な番手の紙ヤスリを使っていますが、それ以外にも活躍してくれているヤスリがあります。

右の2つは100均で買ってきた爪磨き用のヤスリ。これが結構スグレモノで、右端のやつは三角形の3面が各々違った粗さのヤスリになっていて、これだけで仕上げまで可能。

革用ヤスリ各種
左端のやつは、主に木工用に使っているNT ドレッサーの中目タイプですが、これをコバの段差取りなどに使うと、ヤスリの面積が広いこともあってとても使い易いです。

使い易いので、これの少し小さいタイプがあれば、細かいところを削っていくのに便利ではないかと思い、小さめ三角形の替刃のみを買ってみました。

NTドレッサー小替刃

が、届いた商品を見てビックリ。こんなに小さいとは想定していなかった。通常のドレッサーより少し小さくて、先端が細くなってるだけのイメージを持っていたので。

NTドレッサー大小比較

替刃だけ買ったのは、どうせ細かい作業に使うのだからシッカリした柄は不要で、ドレッサーと同じ大きさの板を裏側に貼り付ければいいだろうって思ってたので。

でも、ここまで小さいと、ある程度キチンとした柄が必要そうです。

柄を製作

ということで、MDFとアクリルで柄のパーツを作成。

NTドレッサー小用柄製作

3者を皿ネジで組み立てれば、ドレッサーに柄の取り付け完了。

NTドレッサー小用柄完成

MDFとドレッサーの替刃との間にアクリルを挟んだのは、替刃の先端の形状に合わせてアクリルを削り、嵌め込むような工夫をしたから。

NTドレッサー小先端

実際に使ってみましたが、小振りで持ち易く、とてもベリーナイスです。

先端の幅が5mmくらいなので、革同士の接着前に、革の端を荒らすのにちょうど良くて、その点でも多いに活躍してくれそうです。


ボックス型コインケース(13)-- ヌメ革試作2号 縫製~完成

ヌメ革で作るボックス型コインケース2号の続き。

前回でパーツ毎の加工は完了したので、胴体にパーツを組み付けていきますが、先ずは背面のカードポケットの接着からスタート。

設計図通りの位置にカードポケットを木工用ボンドで接着。胴体側には、カードポケットの接着位置に合わせて “コ” の字形にヤスリで荒らしてあります。

ポケット接着
また、カードポケットパーツの両サイド以外は、既にヘリ落とし、そしてコバ磨きを施してあります(まだ微妙に荒れてるように見えるのは、私が下手だから)。

カードポケットの底辺にある菱目打ちの窪みに合わせ、胴体側も貫通するように縫い穴をあけ、そこを縫い、最後にポケット両側の “ミミ” を切り落とします。

ポケット底辺縫い付け

この段階で周囲のコバ磨きを行います。先ずは紙ヤスリの粗い番手(♯240くらい)で重なり部分の段差を無くし、番手を細かくしながら、最後は♯1000で仕上げ磨き。

コバを紙やすりで整える

紙ヤスリでの磨き作業が終わったら、トコノールを塗って、ウッドスリッカーで磨き作業。

コバを磨いた後

縫製作業。(マチを胴体へと)縫い付ける順番ですが、(先にマチの底辺は胴体に接着しておいて)端からマチの縦辺を一辺ずつ接着しながら縫い進めていき、

マチ縫い付け1

“かえし” の内張りを縫い合わせ、対面側に回り、一周を一本の糸で縫う方法に落ち着きそうです。糸を分けてマチの各辺を縫う方法も検討したけど、かなり手間が増えるので却下。

マチ縫い付け2

縫製作業が終了したら、マチの縦辺の “ミミ” をカットし、その部分のヘリ落とし、そしてコバ磨きをやって完成です。

試作2号完成1

1号の反省を活かし、特に菱目打ちでの穴あけを慎重に行ったので、縫い目の仕上がり具合も「まあまあ」ってところでしょうか。

試作2号完成2

写真のホワイトバランスが合っていないので上のものと異なった色合になっていますが、もちろん同じものです。

試作2号完成3

ま、全体的には悪くはないんだけど、それでもやっぱりアチコチで小さなミスをしているので、総合的に見れば70点といったところでしょうか。

でも、今回の製作でこのタイプのコインケースの製作手順がある程度固まってきたように思います。忘れないうちに、手順を整理しながら3号の製作に突入予定。


ボックス型コインケース(12)-- ヌメ革試作2号

前回でボックス型コインケースのヌメ革試作1号が完成しましたが、いくつかの反省点が残りました。この反省点を忘れてしまわない内に、ヌメ革試作2号の製作に取り掛かります。

最初にやるのは床磨き。毎回忘れてしまい、パーツを切り出してから気が付いてって感じでしたが、パーツになってからの床磨きは寸法が狂ってくるので、今回は忘れずに。

ヌメ革床磨き

パーツの切り出し完了。寸法は試作1号からどこも変えていないので、型紙もそのまま。

ヌメ革コインケース2号パーツ

ここからの手順を少し変えます。先ずは、すべての縫製箇所の基準となる胴体の周囲に、3mmピッチの菱目打ちで穴あけ。

本体穴あけ

そして、胴体に取り付けるマチを(両面テープで)仮止めし、穴位置を(丸錐で)転写し、そして菱目打ちで穴あけ。前回は、パーツの穴も図面を基準にしてあけていました。

マチ縦辺穴あけ

“かえし” の内張りも同様に。特にこのパーツは前回の反省を活かし、バネホックの取り付け前に(もちろん胴体と接着前に)、仮止めで転写、菱目打ちで穴あけという流れで。

かえし内張り穴あけ
“かえし” の内張りの “ミミ” が出ているのは、大きめに作っておいて、胴体と接着後にカットした方が段差無く作れるだろうという考えから。

と、ここで写真のミスに気が付きました。2枚上の写真で、穴を転写するためのマチの仮止め位置ですが、マチのこの部分も大きく作っているので、 “ミミ” が無ければいけません。

ということで、パーツの穴あけ終了。カードポケットの両サイドと、マチの底辺は、それぞれ胴体との接着後にあけます。

穴あけ完了

次回、これらのパーツを接着、縫製してコインケースに作り上げていきます。


レザークラフト用工具の一つ、穴開けポンチを研ぐ

最近、レザークラフトでバネホックを使う場面が多いのだけど、そのための穴をあけるのに使う穴開けポンチが切れない。とにかく切れない。本当に切れない。

以前から磨かないとなって思いながら、あまり使う場面も無く、また面倒くさくもあって、先延ばしにしてきたわけです。

でも、穴開け作業が嫌いになりつつあるので、これはまずいなと。

その穴あけパンチを改めて観察してみると、もう見るからに切れなさそう。なんか刃の先端が丸まってる感じ? 刃っぽく見えないもんね。

磨き前穴開けパンチ

で、磨きましたよ。耐水ペーパーの♯320→♯600→♯1000と磨き、最後はピカールで仕上げ磨きをして完了。どうですか、光り輝いてるでしょ。

磨き後8mm
刃の先端が鈍角っぽい感じはあるので、もっと薄刃(鋭角)にしたいなって気持ちはあるけど、そこまでやろうとするとかなり大掛かりな作業になっちゃうからね。

革に穴をあけてみました。気持ちよくスパスパとあいていきます。右側の4つの穴は、磨き前のポンチで開けたもので、左側の3つは磨き後のポンチによるもの。

穴比較
穴のエッジで、磨き前のポンチがどれほど切れなかったかが分かってもらえるでしょうか。

磨き後の結果に気分を良くして、残りの穴あけポンチもすべて磨きました。気にしたことは無かったけど、気が付いたらΦ2mm~Φ8mmまで揃えていたようで全7本。

磨いたセット

今回、穴あけポンチ用の “台” も用意しました。どこかで切株がベストといった話を見た記憶がありますが、それは用意できなので使えなくなった定盤を代わりに。

錆びた定盤

その上に、100均で買ってきた少し小さめのカッティングマットを置いて使います。

カッティングマット小

うーん、軽い力で気持ちよく切れていく。なんか楽しい。

楽々穴開け

ところで、この工具の名前って「穴開けポンチ」ですよね。最初、穴開け “パンチ” かと思っていました。でも、穴開けパンチだとリーズリーフ用のパンチが出てきます。

英語で調べてみたら、どちらも「punch」でした。なるほど、元の語は同じなんですね。


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>