春の一日、太陽降り注ぐ吉田町でジャズを楽しんで

桜木町と関内の間に挟まれた吉田町界隈で開催されている街頭ジャズイベントを見にお出かけ。昨日、今日の土日での開催だけど、昨日は天気が微妙だったので。

そして、今日は抜けるような青空。絵に描いたようなうららかな春の一日。

170423ジャズ-02

少し前まではピンク色に染まっていた風景が、今日は緑色に輝いています。寝そべって日光浴をしてる人がいますが、いかにも気持ちよさそうです。

170423ジャズ-01

木に寄りかかって空を見上げると、そこにあるのは太陽に照らされる新緑。命の息吹を感じると言ったら、ちょっと大袈裟かな。

170423ジャズ-03

視線を足元に落とせば、そこにはカラフルな世界が。

170423ジャズ-04

横浜美術館前の噴水広場。既に夏みたいな景色だな。

170423ジャズ-05

ランドマークタワーを見上げるように鎮座するドックヤードガーデン。旧横浜船渠第2号ドックを復元したもの。

170423ジャズ-06

この辺りは視界が開けていて、今日のような晴れた春の日にシートを敷いてお昼を食べるには絶好の場所。

170423ジャズ-07

なんか、昭和の時代に、親に連れられて訪れた遊園地を思い出しました。

170423ジャズ-08

空が広い。

170423ジャズ-09

鉄橋は、時代が移り変わってもそれほど姿を変えないので、こうやって白黒写真にしてしまうと、いつの時代のものなのか分からなくなりますね。

170423ジャズ-10

お昼過ぎに吉田町に到着。

170423ジャズ-11

コンビニで買った缶ビールやお酒片手に(両手に?)、あちこちで演奏されるジャズを堪能させて頂きました。

現地で飲み仲間と出会い(約束はしてなかったんだけど)、飲み屋に向かう途中で松井祐貴さんの演奏があるのを知り、時間まで(また)お酒を買ってきて待ちました。

松井祐貴さんの演奏を聴いたのは、確か2年前の同じようなジャズフェスティバルだったと思います。場所もこの関内ホールの前だったような。

170423ジャズ-12

そして、みなとみらいの夜が更けて。


初めてのスケッチアップ - (11)直方体を四角錐台に変形

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第11回。

前回、ウッドデッキの木材で構築した土台部分がほぼ完成したので、今回はこの土台を地面に設置する際に使う、コンクリートブロックを作っていきます。

ウッドデッキに使われるコンクリートブロックは色々とあるようですが、「束石(つかいし)」と呼ばれるものをモデルとして作ってみようと思います。

大きさは、ベース面が200×200mm、高さ200mm、そしてトップ面は140×140mmの台形の立体のやつ(四角錐台)を作っていきます。

長方形ツール、そしてプッシュ/プルツールで作った直方体を移動ツールで変形

先ずは、長方形ツールで200×200mmの四角形を描き、それをプッシュ/プルツールで立体にし、200×200×200mmの直方体を作ります。

束石1

続いて、移動ツールのカーソルで上面の一辺をクリックし、内側へと動かして「30」を入力してリターン。それを四辺で繰り返して、上面を140×140mmの正方形にします。

束石2

立体をグループ化して、色を塗り

選択ツールで描いた枠で立体を囲んで選択し、マウスの右クリック→「グループを作成」。

束石4グループ化

ペイントツールを選択し、表示される窓から「マテリアル」を選び、その中の「アスファルト/コンクリート」から適当なテクスチャを選んで立体の表面を塗ります。

束石5テクスチャ

脚と接合する際のガイド枠を描く

この140×140mmの上面に70×70mmの角材(脚)が乗るので、位置決めのガイド用に四角形を描いておこうと思います。

メジャーツールのカーソルで上面の一辺をクリックし、「35」と入力してリターン。もう一辺からも同じようにして、2本の補助線を引きます。

束石に補助線

補助線の交点を起点にして長方形ツールで四角を描き、「70,70」と入力してリターン。

束石ガイド枠
描き加えた四角も含めて、もう一度全体をグループ化しておきましょう。

これで束石のモデルが完成しました。次回は、これをコンポーネント化して繰り返し使えるようにしていこうと思います。


初めてのスケッチアップ - (10)完成した部材を修正する

3次元モデリングソフト スケッチアップの使い方を、自分でも学びながら、備忘録的にまとめておこうという「初心者のための初心者講座」第10回。

前回、ウッドデッキの土台を構成する根太と大引を加え、基本的な構造体としては取り敢えず完成です。今回は、これに少し修正を加えていきます。

根太と大引完成まで

300mmに揃えて作った脚を、場所に合わせて長さを変える

ウッドデッキの設置場所が斜面になっているので、その斜面に合わせて脚の長さを調整していこうと思います。

グループ化されている脚を変形させるには、いったんこのグループを「分解」する必要があるので、選択ツールで右クリック→「分解」とします。

脚分解

1つの立体の塊から、面と線の集合体に分解されました。移動ツールで “線” を選択したり、プッシュ/プルツールで “面” を選択したりして変形させることが出来る状態です。

脚分解後

プッシュ/プルツールのカーソルを近づけると側面や底面がそれぞれ反応しますが、ここでは底面(脚の底)をクリックしてから下方向に動かし、「300」と入力してリターン。

脚を伸ばす
ここで入力する数値(300)は、変形前の底面の位置を基準としての寸法なので、元の脚の長さが300mmだったので、今回の操作でこの脚の長さは600mmになりました。

作業が終わったら、再びグループ化しておくのを忘れずに

同じ操作を、変更が必要な脚に対して行い、設置場所の斜面に合わせた脚が完成。

脚伸ばし完了

一つ忘れていましたが、「分解」して、修正を加え終わったら、再び「グループ化」しておくのを忘れずに、ね。

以前、床板を斜めにカットした際にも「分解」し、そのままにしておいたら、今回の作業をやっている最中、つい間違って意図しない変形をさせてしまったので、自戒の念も含めて。

脚伸ばし完了上から

完成したモデルをグリグリと360度回転させて、様々な方向から見ていると、どこかに不備があったり、あるいは強度が弱そうだとか見て取れるので、本当に便利です。

次回、新しい機能にトライしてみようと思います。

地面にコンクリートのブロックを設置し、その上に脚が乗る形になる予定ですが、そのコンクリートブロックを作るに際し、「コンポーネント」という機能を使ってみようかと。


【カメラに遊ばれる】カテゴリ目次 - 2016年10月

日米親善ベース歴史ツアー -- 日本近代化の歴史に触れる旅

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


よこすかみこしパレードで、視線の先には法被姿の美しい女性が

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


これは、自転車では見えなかった景色 -- 東海道戸塚宿

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


自分の目で見た(美しい)夕焼けに写真を近づけるには

no nameno nameno nameno nameno name


Picture of the Month - October 2016

no nameno nameno nameno nameno name
no nameno nameno nameno nameno name


tag :

葉桜になって、街に落ち着きが出て来たような気がする

オリンパスの 25mm/F1.8 を買ったのはいいけど、少し遅れて買った同じくオリンパスのズームレンズ 12-50mm/F3.5-6.3 が使い易くて、25mm/F1.8 の出番が無い。

ということで、今日はこの25mmのレンズを装着して、近くのホームセンターまで散歩がてらお買い物に出かけます。

八重桜が満開。

170419日産スタジアム-01

そして、1週間前には世界をピンク色に染めていたソメイヨシノは完全に葉桜状態。

170419日産スタジアム-02

まだ4月中旬だってのに、横浜は今日で3日連続の夏日。カメラ片手に上はTシャツ1枚で歩いていても汗をかいてきます。

170419日産スタジアム-03

空を見上げると、これはもう完全に夏の景色。

170419日産スタジアム-04

道端に咲く花も、「えっ、もう夏なの?」って戸惑っているかもしれません。

170419日産スタジアム-05

今日の雲は密度が高く、ずっしりと重そう。青空を背景に、太陽の光を反射する部分と、そして影の部分とで様々な表情を見せてくれます。

170419日産スタジアム-06

ちょうど一カ月前に開通した横浜北線の港北インター近辺は、まだまだ工事が続いているようで、ここを通るたびに景色が変わっていきます。

170419日産スタジアム-08

IKEAの看板が見えてきました。自宅から約4km。ぶらぶら歩いて1時間弱くらいで到着。

170419日産スタジアム-07

気温は高いけど、風が強い。

170419日産スタジアム-09

強風に揺れる八重桜をアップで撮ろうと試みたけど、ほとんどブレてしまってダメでした。

170419日産スタジアム-10

25mmは、思ってた以上に画角が狭くて、この風景を切り取ろうってカメラを構えると、「おっと、入りきらない」って状況が多発。

そもそもセンスも腕も無いわけで、25mmという画角を活かした撮り方を少しずつ学んでいくしかないよねって痛感した、そんな春の(初夏の?)1日でした。


<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>