FC2ブログ

オンライン飲み会用のウェブカメラ探しも何かと大変

今回のコロナ禍騒ぎの中で様々なものが手に入らなく(価格が高くなったり、納期がかかったり)なっていますが、その一つがウェブカメラ。

amazonで探すと、ロジクールやBUFFALOといった日本メーカーの商品は、ほとんど「一時的に在庫切れ」になっており、中華製の多くは納期が1カ月前後に。

最近、オンライン飲み会で活躍している我が家のウェブカメラは、もう5年くらい前に買ったエレコムのUCAM-C0220という製品。

エレコムウェブカメラ

記憶が曖昧だけど、確か特売か何かで千数百円で買ったような。この同じ型番(微妙に違う?)の商品が、amazonで6280円、楽天では12800円!で売られてました。

このオンライン飲み会ですが、ほとんどの人がスマホを所持している現状では参加の敷居が低いですよね。カメラ付きのノートPCを使ってる人も多いと思うし。

が、オンライン飲み会にお誘いしたい飲み仲間の1人が、ガラケー使いで、使っているデスクトップPCにはウェブカメラは付いていないという状況。

そこで、配送先をこの友人宅にして私の方でウェブカメラを購入することに(PC系にそれほど詳しくなく、元々私がセットアップしたPCなので)。

amazonで購入したのは、中華製だけど「翌日配送」のこちらの商品。

ウェブカメラ箱

数多ある他の中華製ウェブカメラと、外観も仕様も似たようなもので、画素数も大したことないけど、まあオンライン飲み会用としては必要十分でしょう。

ウェブカメラ正面

価格的にも、居酒屋での飲み会費用1回分程度なので、まあなんとか許せる範囲かな。

昨晩、友人から「届いたよ」って連絡がきたので、リモートデスクトップアプリケーションの AnyDesk で友人宅のPCと接続して、私の方でセットアップしました。

ウェブカメラ側面

と言っても、プラグ・アンド・プレイでウェブカメラのUSBケーブルをPCに差し込めば、ドライバーも勝手にインストールしてくれるので、私がしたのは最後の確認だけ。

この友人含め、何人かに声を掛けて近いうちにオンライン飲み会を開催してみましょう。


今話題の「オンライン飲み会」だけど、最適参加人数は?

家に籠っていたら、膝が痛くなってきた。歩き過ぎて膝が痛くなるのならわかるけど、歩かなさ過ぎて痛くなるってのはどんな因果関係なのかさっぱり分からない。

歩いたら痛みが軽減するのかなって、ここ数日散歩に出るようにしているのだけど、不思議と痛みが軽くなってきている。これまた、訳が分からない。

200426鶴見川-02

日に日に緑の勢いが増してきている。もう少しで初夏ですからね。

200426鶴見川-01

今朝、飲み仲間とZoomで1時間ほど話をしました。

200426鶴見川-06

いつものメンバーで最後に集まったのは、2月中旬に開催した遅めの新年会。なのでお互いに顔を見るのはずいぶんと久しぶり。

200426鶴見川-05

私が主催者になってミーティングを開催し、メールで相手を招待して参加してもらう形でやったのですが、初回にも関わらずすんなりと繋がりました。意外と簡単。

200426鶴見川-07

利用者の爆発的増加で、セキュリティ対策やプライバシー保護問題が浮上して、様々なところで議論されているようですが、導入が簡単だし、便利なのも間違いない。

200426鶴見川-08

業務利用で社外に漏れてはまずいような会話をするのであれば神経質になる必要があると思うけど、友人との他愛無い会話ならあまり気にする必要もないかなと。

200426鶴見川-04

まだ1対1でしか使ったことが無いので、次回は人数を増やしてやってみようかと。そしてその先にあるのはオンライン飲み会、でしょうか。

200426鶴見川-03

「オンライン飲み会」で検索したら、Zoom以外にも色んなサービスがあるんですね。その中から一つ(自分一人で)試してみました。その名も『たくのむ』。

『たくのむ』はオンライン飲み会に特化したサービスで、現在はキャンペーン中で最大12人まで同時通話が可能(本来は7人以上の通話は有料サービスとのこと)。

でも、オンライン飲み会で例えば12人参加してるとき、1人が話をすると残りの11人全員がその話を集中して聞くってことになるわけで、それってどうなのかなと。

リアル飲み会なら大勢の参加者がいたとしても、適当な少人数のグループに分かれていくのだけど、オンライン飲み会ではそれが出来ないってことですから。

となると、大人数でのオンライン飲み会はちょっと難しそうな気がする。最適人数は、4人くらいって感じかな。多くても6人くらいまでが限界かも。

ま、実際にやってみないと分からないので、是非ともトライしてみようと思います。


<< topページへこのページの先頭へ >>