FC2ブログ

ラズベリーパイ 4 --(9)VNC 解像度変更放浪の旅-その3

ラズパイ4をVNCで操作する際の解像度を変更出来ずにアチコチをさ迷っていますが、前回なんとなくアスペクト比が問題なのかも、って思い始めたところ。

でも、sudo nano /boot/config.txt で設定を隅から隅まで探してみましたが、アスペクト比に関する項目(sdtv_aspect)は、どこにも見当たりませんでした。

なので、設定の最後に自分で付け加えてみました。

アスペクト比変更
デフォルト(4:3)から、sdtv_aspect=3 で 16:9 に設定。

これでいけるのかと、sudo raspi-config で DMT Mode 82 に設定してラズパイ再起動。

config6

ワクワクしながら待ちましたが、結果はダメ。相変わらず 4:3 でしか表示されません。

そろそろ諦めの境地に。というか、ディスプレイいっぱいに表示してしまうと、それはそれで扱いにくいし、返って 4:3 の方が便利なのではって思い始めたところ。

ただ、上の Choose screen resolution の中にある設定で、1600×1200は大きすぎるし、1024×768 は少し小さいかも。この間の解像度はないのかとページ内を探すと、

アスペクト比変更
hdmi_mode=32 の 1280×960で設定してみましょう。

再び sudo nano /boot/config.txt から設定に入り、hdmi_mode= の数値を32に変更。

mode 32

はい。やっぱり 4:3 なら問題なく設定できるんですね。

1280×960

うーむ、なんかモヤモヤは残るけど、実用的にはこれで多分何の問題も無いと思う。

ということで、解像度変更放浪の旅はこれにて終了。

次回で、設定関連も一区切りとしましょう。


ラズベリーパイ 4 --(8)VNC 解像度変更放浪の旅-その2

ラズパイ4をVNCで操作するのに、解像度の変更が出来ずにアチコチをさ迷っているわけですが、前回のLXTerminal でのコマンド操作の続き。

前回は、DMT Mode 82 1920×1080 に設定してみたけど、実際の表示は変わりません。

config6

それなら、他の Mode を選んでみたらどうなのかと、DMT Mode 85 1280×720 を選択し、ラズパイ4を再起動してみました。

すると、ウィンドウが変化したけど、明らかに 1280×720 ではない。調べてみると、どうやら 1024×768 のようです。ってことは、16:9ではなく、4:3ですね。

1024×768

LXterminal から sudo nano /boot/config.txt で設定を調べてみると、hdmi_mode=85 とキチンと設定されています。それでも、実際の出力が違うんですね。

configで確認しても

1024×768 という解像度は、DMT Mode 85 の上の段にある DMT Mode 16 の設定。

勝手に変わってる

なぜ?

試しに、今度は DMT 51 1600×1200(4:3)に設定してみると、

1600×1000かな

ウィンドウが大きくなった。1600×1000 なので、横は設定通り出力され、縦はディスプレイの解像度いっぱいで足切りされたようです。

ここまでの事実から推察してみると、どうやら 4:3 だと設定通り出力されるけど、16:9 だと設定に従ってくれない、ってことになりそうです。

なるほどー、そうですか。

そこで、アスペクト比で色々と検索していたら、こんなページを発見しました。

この中に、sdtv_aspect という項目があり、デフォルトは 4:3 だって書かれています。

アスペクト比

もしかして、これを sdtv_aspect=3 にすればいいのか?

さ迷いの旅は、次回へと続きます。


ラズベリーパイ 4 --(7)VNC 解像度変更放浪の旅-その1

前回、ラズパイ4からHDMIケーブルを外しても、VNC Viewer でラズパイのデスクトップが開くようになりました。

ここで、これまで何度かトライしても成功しなかった解像度の変更に再(々...)取り組み。

現在、VNC Viewer で見えているラズパイのデスクトップ。「1024×768」のようです。

解像度が変わらない
「1920×1080」のディスプレイに対して、これ以上大きくならない(ウィンドウを広げると、拡大されて粗くなるだけ)。

解像度を変更すべく、ラズパイデスクトップのMENU⇒設定⇒RapberryPiの設定へと入ってみたけど、そこには解像度に関する項目が無かったということは以前お伝えした通り。

ということで、今度はLXTerminal のコマンドで設定画面へとアクセスしてみます。

LXTerminal を起動させ、sudo raspi-config(呪文のようですが、「sudo」はUNIX系コマンドの一つ、「raspi-config」は、ラズパイの設定のこと)と入力。

config3

設定画面が現れるので、7行目の「Advanced Options」を選択して Enter。

config4

続く画面で、5行目の「Resolution」を選択して Enter。

config5

解像度の選択画面になります。

config6

ここでディスプレイの解像度と同じ「1920×1080」を選択し、左右の矢印キーで<了解>を選択、そしてLXTerminal を終了してからラズパイを再起動。

が、何も変化なし。最初の画面のままです。

更にもう一歩。

前回、VNCの「Cannot currently show.....」問題を解決した boot 設定(sudo nano /boot/config.txt)に入ります。

そして、「uncomment to force a console size.」ってのをやってみます。具体的には、その下の2行の先頭の「#」を削除します。

config7

が、これまた何の変化も起こらず。

ということで、解像度変更の旅は次回へと続きます。


Flashcards Deluxe -- (5)文字の色を変える

前回は「Global Options」で「黒バック白文字」を「白バック黒文字」に変え、更にカードの背景(と形状)を変更してみましたが、今回はカード内の文字色を変えてみます。

カードの書式にはHTMLに準じた下記のようないくつかのタグが使用でき、カード内での改行に使った “|” もこの一つですが、それ以外にいくつかの文字装飾も可能になります。
  • <b>太字</b>
  • <li>斜体</i>
  • <u>下線</u>
  • <li>打ち消し線</strike>
  • <color red>赤い字</color>
  • <size .8>0.8倍サイズ</size>
  • <size 1.2>1.2倍サイズ</size>
ここでは試しに文字の色を変えてみようと思います。

と言っても、文字の色を変えるだけなら特に説明も必要ないくらい簡単。カードデータの色を変えたい文字を<color 色名></color>で囲めばいいだけ。

ただし、これを100個、200個のデータでやろうとすると、当然1個ずつやっていくのはあまりに大変なので、ここではこれを一気にやってしまう方法を説明します。

使うのは、いつものデータ。この中から「赤い花」(B列)と、「red flower」(D列)の列の色を、それぞれ赤と青に変えていきます。

文字色変更1

色を変えたい列の前後にセルを挿入し、そこに<color red></color>と<color blue></color>を書き込みます。

文字色変更2

先ずは日本語の方から。B、C、D列をコピー。

文字色変更3

それをメモ帳にペーストし、「置換」を使って日本語とタグの間の[Tab]を削除していきます。

文字色変更4

「すべて置換」で[Tab]が削除されました。

文字色変更5

出来上がったデータをエクセルの「赤」列の隣に置きます。

文字色変更6

そして今度はA、B列をコピーし、それをメモ帳にペースト。続いて[Tab]を “||”(2回改行)に 「置換」します。

文字色変更8

日本語側の処理が完了。

文字色変更9

英語側も同じ過程を経て、エクセルに並べて配置。

文字色変更10

これをアップロードし、スマホでダウンロードしたものを開いてみると、

文字色変更11

思い通りに出来上がっています。

この形でデータが出来上がってしまえば、文字の色を自由自在に変えられます。エクセルの「置換」を使えば、greenにでもmarigoldにでも一瞬ですべての色を変更できます。

ただし、私は特に専門的な知識があって上のような方法を取ったわけではないので、もしかしたら断然楽な(そしてスマートな)別の方法があるかもしれません。

あくまでも「私のやり方」です、って一言断っておきましょう。

次回は、「カード1枚につき最大5面のカードデータ、最大4つのカテゴリが使える」ようになる新フォーマットについて。


<< topページへこのページの先頭へ >>