fc2ブログ

伊豆ゲートウェイ函南で車中泊 -- 翌朝

昨日は、夜の8時半までイベントで封鎖されていた伊豆ゲートウェイ函南の川の駅ですが、結局近くのブックオフで本を探している内に良い時間になって、戻ってきました。

1泊して翌朝。

朝方、車の屋根に当たる雨の音に気が付いていましたが、その雨も上がったようです。でも、正面に見えるはずの富士山は気配も感じられないけど。

富士山見えず

今日は日曜日なので、昨日のイベントが今日も続くのかなって思っていたのだけど、かんなみフェスティバルは昨日1日だけのイベントだったようです。

川のほとり

昨日は気が付かなかったけど、山も色づいてきましたね。

色づいてきた

こちらは車中泊をした川の駅の駐車場。

川の駅駐車場2

そこそこの数の車が見えますが、(多分)車中泊された方々だと思います。昨晩、私は9時頃にここに来ましたが、その後にも何台か車がやってきていました。

そしてこちらは道の駅の駐車場。かなりの数の車が見えるけど、これは皆さん車中泊なんでしょうか。道の駅のオープンまでまだ2時間以上あるし。

道の駅駐車場2

近くのマーケットで食料の買い出しをしてから帰ろうと、川の駅で9時近くまで過ごし、買い物をして帰ってきたら、天気はすっかり回復していて、美しい富士山が。

帰ってきたら

肝心の座椅子兼マットと寝袋の使い心地ですが、座椅子としてはとても快適だけど、マットとして横になっていると切れ目の段差が少し気になったかな。

そして寝袋は、ちょうど良い暖かさだったけど、少し寒く感じた瞬間もあったかと。この季節でこれだと、真冬にこの寝袋だけってのはちょっと厳しそうに感じた。

でも、座椅子も寝袋もまあまあ想定通りで、比較的快適だったかと。


車中泊用に新たな寝袋を買ってみた

車中泊用にwolfyokというメーカーの寝袋を買ってみました。

wolfyok寝袋

昨年、やはり車中泊用として買ったコールマンの寝袋は、3つのレイヤーを組み合わせてもバラバラでも使える4シーズン対応モデルで、冬でも暖かいし、なかなかの優れもの。

コールマン寝袋

ただ、それだけにかなり嵩張る。収納袋に入れても車に積むと結構な圧迫感があり、なにより使った後が邪魔(車の中で折り畳むのは大変なので、そのままにしていることが多い)。

特に秋とかだと3つのレイヤーすべてが必要ではなく、全部持っていく必要がないけど、寒かったらどうしようという不安が先に立って、どれかを残していく勇気が無い。

それなら、小さめの寝袋をもう一つ買ってみようという流れで購入したもの。

このwolfyokの寝袋は、1.1Kgから2.2Kgまで4種類の重さがあり、適応温度によって選べるようになっているのですが、私が買ったのは1.8Kgの冬用(2.2Kgは厳冬用とある)。

大きさ

因みに、先の3レイヤーの寝袋の重さは約5.5Kgなので、とても軽く感じる。

この寝袋の大きな特徴は、腕を出せる穴が開いていること。

手が出せる

寝袋に肩までスッポリ入った状態でスマホを操作することが出来るんです。

更に、2つのファスナー(の引手)があるので、足側からファスナーを開けると足も出すことが出来ます(家の中で、寝袋に入ったままちょっとした移動も出来るってこと)。

足も出せる

広げれば掛布団的な使い方も出来るので、オールシーズン使える。

フルオープン

車中泊用に買った座椅子もまだ使っていないし、この寝袋と組み合わせて寝心地はどうなのかを試しに車中泊に行こうかな。


嵩張る寝袋をクッションとして使うための布団収納袋

車中泊用に購入したColemanのマルチレイヤースリーピングバッグですが、使わない時はもちろん室内にて保管しているのだけど、この存在感が半端ない。

寝袋の存在感

もう少し何とかしたいなーって思い、布団収納袋なるものを買ってみました。

sevendays

サイズは55X55X20cmで、布団を入れるとクッションとしても使えるという代物。素材は綿100%なので、クッションとして使う際に肌触りも良さそうだしね。

ただ、これにスリーピングバッグが収まるか不安なので、スリーピングバッグに付属している収納袋のサイズを測ってみると25×48×36cmで、容量を計算してみると43,200㎤。

布団収納袋の容量も計算してみると、60,500㎤と結構大きい。これならスリーピングバッグを苦労して圧縮しなくても入るような気がする。

さっそく入れようとしたのだけど、寝袋のファスナーを閉じた状態で折り畳むと、布団収納袋の55X55cmとマッチしないので、広げた状態で縦横3回ずつ畳んで押し込みます。

押し込む

想定通りそれほど苦労せず、それでも中身パンパンのクッションが完成。

クッション完成

もちろん、布団収納袋に入れたからといって小さくなるわけもなく、返って大きくなるので存在感は増したけど、まあソファーに置かれたクッションとして許されるかなと。

相変わらずの存在感

車中泊でも、寝袋として使わない時はクッションとして使えそう、かな。


災害時の備えになるかなって2つ目の寝袋購入

先日、車中泊用にColemanのマルチレイヤースリーピングバッグを買いましたが、シンプルな寝袋と比較してみたくて、同じColemanの別の寝袋を買ってみた。

寝袋2箱

コージーII 封筒型という製品だけど、使用可能温度が5℃のものと10℃のものがあり、どうせならより暖かい方が良いだろうと、5℃タイプを選択(10℃より400g重い)。

コージーII

前回購入したマルチレイヤースリーピングバッグは、 “巨大” という言葉を使いたいくらい大きかったけど、今回のものはまあまあ普通サイズって言ってもよいのではないかな。

大きさ比較

ただ、少し前に購入して九州旅に活躍してくれた容量30Lのリュックに入れてみたら、ピッタリというか何とか押し込めたって感じなので、決して小さいものではないなと実感。

この寝袋で特に気に入ったのは、内側がオシャレな柄になっていること(もちろん、肌触りも申し分なく気持ちよいけどね)。

裏地がオシャレ

コンプレッションベルトもしっかりしていて安心感がある。というか、「これが普通」だよね? マルチレイヤースリーピングバッグの “紐” はどうかと思ったけど。

コンプレッションベルト

畳むのもマルチレイヤースリーピングバッグに比べると断然楽。それほど一生懸命小さく畳まなくても、収納袋に楽に入った。

丸めて

まあ、収納袋自体がこんな感じで “口” が大きく開き、寝袋を入れてから圧縮しながら口を締めていくタイプなのも楽な要因だと思うけど。

収納袋に入れ 収納袋に入れ


ホンダ Fitで車中泊に挑戦 -- 準備編(5)Colemanの寝袋

Fitでの車中泊に向け、前回で寝るスペースは確保できたので、今度は寝床の用意。

というか、スリーピングバッグを買っただけですけどね。

買ったのは、Colemanのマルチレイヤースリーピングバッグという製品。

Colemanスリーピングバッグ箱

中華製の価格が安い割には暖かそうなスリーピングバッグも選り取り見取りって感じなんだけど、3層の組み合わせでオールシーズン対応、ってのに惹かれて。

商品ページには、「暖かいけど、とにかく大きい」とか「まるで “布団” そのもの」みたいなレビューが多いので覚悟はしていたけど、現物を目の前にしてみるとやはり大きい。

大きさ

重量は4.9kgってあるけど、こっちは収納袋のベルトのお陰か、大して気にならない。

丸めて

広げてみると、畳一畳から少しはみ出るくらい。

広げて

「COLD WEATHER」とあるアウトレイヤー、「WARM WEATHER」はミッドレイヤー、そして「ALL WEATHER」はフリース(袋状ではなく1枚)の3層構造。

3層レイヤー

それぞれの連結は、奥側(ファスナーとは逆側)の縦辺に3か所の固定パーツがあるけど、フリースは単なる一枚のシートなので、寝て起きると中でクシャクシャに丸まってた。

連結1
連結2

アウトレイヤーの一番外側にも、同じような固定パーツがあるのだけど、多分これは寝袋を2枚並べて置いた時の相互の連結用なのかな、と。

連結3

いや、もしかしたら折り畳むときに縦に半分に折るので、その際の固定パーツか?

ファスナーはこんな感じで、開ける方向の時には “持ち手” をつまんでスライドさせ、閉める方向には赤いプラスチック部分を指で挟んで動かすんだと思う。

ファスナー

丸めるのは中々に大変。丸め方がタブに書かれているのだけど、それによると最後ループ状の紐に1本紐を通したら、折り返してフックを1本紐に掛けろ、と。

丸め方

とてもそこまでは行けず、ループ紐にフックを引っ掛けて終わり。

これでも収納袋には楽に入るので、これで良しとしましょう。

さて、寝袋は買ったけど、マットも必要かな。


<< topページへこのページの先頭へ >>