fc2ブログ

脚折り畳みで天板は一枚板のローテーブルのメリットは

また脚を折り畳むタイプのローテーブルを買ってしまった。

脚折り畳みローテーブル

テーブルの天板サイズは、60cm×40cmという一番ポピュラーなもの。

前のやつはそこそこ高めのものを買ったのだけど、今回は値段重視でAmazonで販売されている中で最も安いものを購入。

脚折り畳み

当初、こんな風に脚を折り畳んで更に半分に折り畳めるテーブルを買う積りだった。

折り畳みタイプ

が、このタイプのテーブルだと、折り畳んだ脚を広げた時、脚はテーブル面と直角になるので、テーブル幅が60cmとすると脚の広がり寸法は60cmよりだいぶ狭くなる。

脚が直角

今回のテーブルは、座椅子に座った状態で私の両足の上に跨るようにして使うことを想定しているので、クッション部の幅を55cmとすると、やはり60cm近い開脚寸法が欲しい。

座椅子をまたぐ

ということで、脚は折り畳みだけど天板は一枚板のテーブルを買った次第。また、広げた脚を支えるステーも邪魔かもって思っていたので、こちらも解消できる。

ハの字に開く

まあ、テーブル面も折り畳めるタイプだと、使わないときには30cm×40cmというサイズになり、脚も内側に収納できるのでとてもコンパクトで邪魔にならない。

それはそれで魅力的なんだけどね。


伊豆ゲートウェイ函南で車中泊 -- 翌朝

昨日は、夜の8時半までイベントで封鎖されていた伊豆ゲートウェイ函南の川の駅ですが、結局近くのブックオフで本を探している内に良い時間になって、戻ってきました。

1泊して翌朝。

朝方、車の屋根に当たる雨の音に気が付いていましたが、その雨も上がったようです。でも、正面に見えるはずの富士山は気配も感じられないけど。

富士山見えず

今日は日曜日なので、昨日のイベントが今日も続くのかなって思っていたのだけど、かんなみフェスティバルは昨日1日だけのイベントだったようです。

川のほとり

昨日は気が付かなかったけど、山も色づいてきましたね。

色づいてきた

こちらは車中泊をした川の駅の駐車場。

川の駅駐車場2

そこそこの数の車が見えますが、(多分)車中泊された方々だと思います。昨晩、私は9時頃にここに来ましたが、その後にも何台か車がやってきていました。

そしてこちらは道の駅の駐車場。かなりの数の車が見えるけど、これは皆さん車中泊なんでしょうか。道の駅のオープンまでまだ2時間以上あるし。

道の駅駐車場2

近くのマーケットで食料の買い出しをしてから帰ろうと、川の駅で9時近くまで過ごし、買い物をして帰ってきたら、天気はすっかり回復していて、美しい富士山が。

帰ってきたら

肝心の座椅子兼マットと寝袋の使い心地ですが、座椅子としてはとても快適だけど、マットとして横になっていると切れ目の段差が少し気になったかな。

そして寝袋は、ちょうど良い暖かさだったけど、少し寒く感じた瞬間もあったかと。この季節でこれだと、真冬にこの寝袋だけってのはちょっと厳しそうに感じた。

でも、座椅子も寝袋もまあまあ想定通りで、比較的快適だったかと。


主に車中泊での使用を想定して買った座椅子(兼マット)

ふかふかの座椅子を買ってみました。

座椅子

座面が二つ折りになっていて、広げると足を前に伸ばせます。

足を伸ばせる

更に、背もたれを倒すと、フルフラットになるんです。

フルフラット

実はこの座椅子、主に車中泊で使うことを想定して買ったもの。結構大きな座椅子なので、コンパクトカーの後ろに乗せるとかなりの存在感というか圧迫感がある。

車内の存在感

これまで車内マットとしてコールマンのインフレーターマットを使っていて、快適は快適なんだけど、巾63cm×長さ195cmという大きさに不満があったんです。

クルマの後部スペースの長さは170cmくらいしかないので、195cmのマットは長すぎて、前後が持ち上がってしまう(柔らかいので収まってくれているけど)。

加えて、運転席と助手席の間にあるコンソールボックスのせいで、巾63cmのマットが収まりきらず、ここでもマットの端が持ち上がってしまい、どうも気持ちが悪かった。

そして今回購入した座椅子の横幅は約55cmで、コンソールボックスと車の壁との隙間約58cmの中にすっぽりと収まるんです。

すっぽり収まる

座椅子をフルフラットにした時の長さは約180cmとちょっと長いけど、ヘッドレスト部も折り曲げられるので、枕のように持ち上げれば、ちょうど良い感じになります。

枕も

これまでは、マットとは別に座椅子も車に積んで持っていたので、まあ座椅子の存在感は大きいけど、マットと座椅子を兼ねるって考えれば、受け入れられるかなと。

ま、次回の車中泊の機会に、実際の使い心地を試してからですね。


腰痛対策に座椅子を変え、さらに腰枕をセット

このところ腰が痛くなってきたので、ノートPCのモニター位置を高くしてみたという話を書きましたが、今回さらなる対応をしてみた、というお話。

モニター位置の話の時にも触れたけど、以前にも腰痛になったことがあり、その時はイスのクッションを減らすことで改善したという経験があります(正解だったかどうかは不明)。

ということで、今回は座椅子を変えてみようと思います。

いま使っているのは、この結構クッション性の高い座椅子。

フカフカ座椅子

これを昔使っていた座椅子に変えてみようと思います。背には薄めのクッションが入っているけど、座面はほぼ板一枚のカッチリした座椅子。

古い座椅子

更に、こんなのを買ってみました。腰枕って言えばいいのかな。

腰まくら箱

要は腰に当てるクッション。背の部分が何カ所か盛り上がっているのが見えると思うけど、ここに “マッサージボール” が埋め込まれています。

6つの3Dボールが腰椎の両側に配置され、このボールが体圧を分散することで腰への負担を減らす、ってことだけど、効果の程は不明。ボールが柔らかいので存在感が・・・・

腰まくら

座椅子に置くとこんな感じ。思ったよりも小さい?

座椅子にセット

星一つの英文レビューを見ると、(商品写真から想像したよりも)小さ過ぎて役に立たない、みたいな意見が多いけど、大きな体の人だとちょっと心もとないかもしれないな。

私てきにはサイズピッタリ。座椅子とのバランスもいいし。

時間をかけて少しずつ痛くなってきた腰痛が、何かを変えたことで急に良くなるってことはないと思うので、この環境で暫く様子を見てみようと思います。


<< topページへこのページの先頭へ >>