FC2ブログ

CPUの使用率を下げてくれるソフト -- BES が機能してない?

夏になると暑いわけで、それは人間の話だけではなくPCにとっても辛い環境。

ただ、昨年末、それなりに高性能なデスクトップパソコンに買い替え、普段は能力が有り余っているので、今年は特に気にしていませんでした。

通常はこんな感じで、ほとんど数%程度の稼働率。

cpulow2

が、カメラで撮った動画を編集する時、これが一変します。

切り張りするときは Aviutl を使ったり、単に容量を小さくしたいときには Free Video Compressor を使ったりするのだけど、先日ふと気が付いたらかなり厳しい状況に。

cpu1002

稼働率が100%になること自体は特に問題無いのだけど、それに伴って CPU の温度が上昇していくのがとても気になる。

tempmax2
軽々と100℃オーバーなんて、これ大丈夫なのか? 寿命とかにも影響が出そう?

動画の編集作業なんて勝手にPCに作業をさせておいて、こちらは別の作業をしている場合が多い。なので時間はふんだんに使ってくれて構わないので、PCへの負荷を軽くしたい。

色々と探した末にたどり着いたのが「BES - Battle Encoder Shirase」というフリーソフト。これ、CPUの使用率を下げてくれるソフトなんです。

さっそくダウンロードして起動します。

ウィンドウ内の「Target」をクリックすると、制限するソフトが選べるらしい。

BES 1

このウィンドウには起動しているソフトしか表示されないとのことですが、改めてこんなに多くのソフトが起動していたことにちょっとビックリ。

その中から、ターゲットとなる「freevideocompressor」を見つけて選択し、ウィンドウ右上の「Limit this」をクリック。

BES 2
「次のプロセスのCPU負荷を制限するけど、開始する?」と聞かれるので「Yes」。

するとウィンドウ下側に「制限率」のスライドバーが現れ、既にその数値にて制限されている状態になっています。

bes limit

このスライドバーはいつでも(制限中でも)変更して構わないようです。ウィンドウ右側の「Auto-refresh」にチェックが入っていれば、そのまま制限率を変えてくれます。

因みにこの「制限率」は、実際の使用率に対する制限率になります。

例えば50%に設定すると、CPUは50%の使用率になるのではなく、あるソフトを使ってその時の使用率が60%だったとしたら、その60%の半分の30%の使用率になります。

さて、上の写真で制限率が85%と高い数値になっていますが、これには訳が。

なぜかCPUの使用率が下がらないんです。最初、30%でやって何の変化も無く、続いて50%、そして85%と上げていきましたが、ここまで来てもほとんど変化を感じられない。

なぜ?

他に同じようなソフトも無いようだし、なんとかこのソフトを使いたいと色々とやってみました。再起動してみたり。でも、どうしても上手く働いてくれない。

何かやり方を間違ってる?

うーん、諦めるしかない? でも代替手段も無く、これから更に暑くなってくるし、このまま何もせずにやっていくのはPCが心配だし・・・・もう少し粘ってみようかな。

ということで、続きます


夏を控え、エアコンクリーニング業者に来てもらった

ここ数日、急に夏らしくなってきました。

エアコンをつけたい。

が、奥さん曰く「内部が汚れているエアコンを動かすと、汚い空気が出てくるので嫌」と。

ということで、エアコンのクリーニング業者にお願いすることに。

こちらが清掃前のエアコン内部。

エアコン清掃前

左の方とか、あまり直視したくないような状況になってますね。

汚い

ビニールシートでエアコンの回りを養生して、作業準備完了です。

養生

こちらが機材。右側のコンテナの中はただの水とのこと。コンプレッサーでこの水を吸い上げ、それをエアコン内部に噴霧していきます。

用具一式

噴霧作業開始。正面のフィンに吹きかけた水は室内へは出てくることなく、室外機のある外へと直接流れ出ていくそうです。

清掃開始

続いて、吹き出し口から内部に向けて噴霧作業。こちらは、内部の汚れを含んだ黒い水分が流れ出てきて、養生の透明シートに導かれて下のポリバケツへと。

吹き出し口から

噴霧作業終了。汚れが落ちたのが一目で分かります。

噴射掃除完了

室内のポリバケツへと流れ込んだ清掃後の水。いやいや、本当に真っ黒!

汚れ水

外装の清掃もして頂き、リフレッシュ感が半端ないです。

清掃完了

これで今年の暑い夏も快適に乗り越えられるでしょう。


ビー玉の隙間にカラーサンドを・・・・微妙な違和感が

オンライン飲み会からの流れでつい買ってしまったLEDイルミネーションライトですが、点灯してみると最初に受けた印象ほど酷くはない。というか、意外といけるかも。

大きなグラスを花瓶代わりに立ててみると片側に傾いてしまうので、中央に固定するのに段ボールを切って保持部材を作ったのだけど、ま、段ボールですからね・・・・

その段ボールを隠そうと、手元にあったビー玉を入れてみました。

ビー玉足りない

もう少し小さなビー玉だともう少しいい感じになりそうですが、1個ずつが大きいので、段ボールが隙間から見えていて、やはりいまひとつ、かな。

それなら、段ボールの保持部材を取り除いてしまって、ビー玉だけで枝を中央寄りに保持してみようかと、100均で更にビー玉を2袋買ってきました。

100均ビー玉

どうでしょうか。

ビー玉増加

ビー玉間の隙間が気になる。

更に、以前何かに使えるかもと買ったインテリアカラーサンドなるものを注ぎ込んでみることに(このカラーサンド、材質は何だろって確認したら、「石」って書いてありました)。

カラーサンド

どうでしょうか?

サンド投入

なんかイメージしたのと違う。

うーん。


これからの季節マスクの快適さが(デザインも)重要だよね

少し前、我が家にも「特別定額給付金のご案内」がやっと届きました。

特別定額給付金

オンラインでの申請も可能とのことですが、カードリーダーは持っているけど、私自身は肝心のマイナンバーカードを所持していません。

更に、スマホでも申請出来るようですが、これも私のスマホはおサイフケータイに非対応。

ということで、この郵便物が送られてくるのを待っていたわけです。ただ、申し込んでからオンラインでも1カ月程度が目安と言われているようなので、なんかやる気がおきない。

封筒の封を開けたまま放置していたら、その数日後にこれまた(既に過去の?)話題のアベノマスクが漸く送られてきました。

届くまであまり詳しくは知らなかったけど、添付の説明文を読んでみると「一住所あたり2枚」なんですね。我が家みたいに5人家族でも、独身一人住まいでも一律2枚、と。

アベノマスク

当初から「小さい」と揶揄する声が上がっていましたが、手元に届いて実際に手にしてみると、なるほど、小さいってのは間違いないですね。

大きさ比較

ただ、昔ながらの(私世代には馴染みの深い)綿のマスクは、もっと小さかったイメージがありますけどね。ま、これも時代の流れなんでしょう。

マスクに関しては、ここ数カ月話題の中心に鎮座していますが、最近大きな話題になったのがミズノのマスク(カバー)。

最初の購入申し込みの混乱から、抽選サイトでの申し込みという流れになり、私自身も先月末に取り敢えず申し込んでおこうとアクセスしてみたら、「一時中止」になっていました。

その後も、「抽選サイト一時中止」の状態がずっと続いたままのようです。

そう言えば、少し前に紳士服のアオキでマスクを抽選販売するとのことで、これに申し込みましたが、見事に落選してしまいました。

この紳士服のアオキのマスクが人気のようで、その後も何度か先行予約販売等の告知をしていますが、私が気が付いてアクセスする頃には既に「完売」状態。

いや、なんか、凄いなー。

抽選に漏れたり、抽選に参加できなかったりで、結局楽天で見つけて買った「洗える立体マスク」。5枚セットで500円くらいだったかな。

立体マスク

探せば似たようなマスクが1枚当たり100円程度でいくらでも見つかる状況にもかかわらず、ミズノやアオキのマスクが大人気なのは、「国産の(?)安全性に期待」なのかな?

それともデザイン性重視、とか?

これからはマスクもファッションの一アイテムとして重要な位置を占めていきそうですね。


慣れが必要だけど、まあまあ役立ってくれそうな電子メモ帳

以前からちょっと気になっていた電子メモ帳を買ってみました。

電子メモ帳箱

箱から出してみると、本体の裏側にボタン電池がある。それも裸で。電池の消耗を防ぐために外してあるんだろうけど、なんか凄い雑だなー、って。

裏に電池が
上の写真の上下2か所の丸い銀色のものは磁石です。貼り付けておけるように、かな。

さて、電池を入れましょう。下面に電池フタがネジで固定してあるので、これを開けて・・・・いや、電池入ってました。裏に張り付いていたのは予備電池だったようです。

電池フタ

ということは、あとはスイッチオンで使えるようになるわけで、そのスイッチを探してみたけど、見当たらない。表面にはゴミ箱マークのスイッチがあるだけ。

裏には鍵マークがついたスライドスイッチがあるけど、これが電源ボタンとは思えない。

ロック

辿り着いた答えは、「こいつに電源スイッチは無い」ってこと。で、付属のペンで書いてみると、はい、普通に描けました。

付属品

仕組みとしては、液晶の粒子が規則正しく並んでいる時は、液晶の後ろの黒い部分が透けて見えてる。そこにペンなどで圧力をかけると液晶粒子の整列が乱れて緑色に見える。

そして、電圧をかけると液晶粒子が再び整列し、後ろの黒い部分が見えるようになる。

ってことらしいけど、うーん、分かったような分からないような。でも、この説明によると、電源が必要なのは液晶粒子を整列させる時だけのようですね。

ところで、上の写真だと書いた文字が見え難いと思うかもしれないけど、正面から見れば、まあ悪くはない(決して見易いとは言えないけど)。

文字具合

筆圧によって線の太さが変わり、下のゴミ箱ボタンで消去。消さずに、あるいは上書きせずに残しておきたい時は、裏側の鍵マークスイッチをスライドさせておけばOK。

ちょっとしたメモ書きとしては重宝してくれそうな気がします(使いたいとき、すぐに見つかれば、ね)。


<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>