FC2ブログ

失敗しました -- USBコネクタを二股にして信号を2分割

マイコンボード ESP32 でデータ処理して、それをPCに出力し、最終的にはPC側で様々な処理をして結果を生み出す、みたいな作業をやっています。

ここで処理の流れ上、2台のノートPC(a、b)を使っています。 ESP32 からPC-aにデータを出力し、PC-aとPC-b間を通信することで、ESP32 のデータを共有している形です。

さて、問題は、このPC間通信がもう一つ安定してくれないこと。また、PC-aに入ったデータがPC-bに転送されるのにかかる時間も問題。

解決策として頭に浮かんだのは、ESP32から出力されるデータを2つに分岐し、2本のUSBケーブルで2台のPCに出力できないか、ということ。

信号分岐

その後すぐに、いや、USBは相互通信だから、これは無理だろう、と。その後すぐ、でも、本当に無理なのか?と。調べてみると、「不可能」という結論に。

それでも未練がましく、自分でやってみないと納得できないなと。いや、そんな強い意志ではなく、作るのは簡単そうだから、試しにやってみようかという軽いノリで。

先ずはUSB-AメスのDIP化。ユニバーサル基板にピンヘッダをハンダ付けし、USB-Aメスコネクタもハンダ付けしてからホットメルトで固定補強して完成。

USBコネクタDIP化Aメス

マイクロB メスのDIP化したものは、手元にあった市販品を使用。

USBコネクタDIP化マイクロBメス

3者をブレッドボードで組み、ジャンパーワイヤで配線して “分配器” の完成。

信号分岐装置

1個目のマイクロBメスコネクタとは、電源線+-2本と、信号線2本の4本すべてのラインを接続し、2個目のマイクロBメスコネクタとは、信号線2本のみを接続しています。

えーっと、この後、色々とやっていたのですが・・・・

この記事を書いているちょうど今、「こんな機能」が欲しいと言って、この試作品を試していた本人(次男)から、「データを受け取れない」との結果報告がありました。

いや、まあ、(残念ながら)想定通りの結果ではありましたが、心のどこかには「いや、もしかしたら上手くいくんじゃね」って気持ちも少しはあったので、やっぱりガッカリ。

ということで、尻切れトンボになってしまいましたが、今回はこれにて終了(中断?)。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://55life555.blog.fc2.com/tb.php/3303-c6b8b51c

<< topページへこのページの先頭へ >>