fc2ブログ

両面斜め縫い -- 表面を手前にして「左から右へ」(手持ち)

少し前にレザークラフトの縫い目に関する考察(というか悩み)を書いてみましたが、その後、やはり終着点まで行ってみたい気持ちが強くなりました。

ここでの終着点とは、「革のオモテ面を正面に見た時、右からも左からも同じように縫いたい」と「どちらから縫っても、裏表共に斜めの縫い目にしたい(両面斜め)」という2点。

ということで、今回は(オモテ面を正面に見た時)左から右へと縫っていく方法について。

縫い方は、

①先ずは裏から針を通す。

両面斜め左から右1

②裏側から引き抜いた糸を手前方向に引き、その糸の下に手前の穴の糸を通しながら

両面斜め左から右2

③表側から針を通し、裏側へと引き抜く。

両面斜め左から右3
これで1ターン終了。後はこれを繰り返すだけ。

そして、その縫い目はこんな感じに、裏表共に “斜め” 縫いになります。

両面斜め左から右4

②の工程によって、縫い穴の中で両側の糸が交差することになります。その結果、(前回の考察、いや推測の通り)下図のように両方の糸が引っ張り合って両面斜めになる、のかと。

図解

上の図で上手く表現出来ているとは思いませんが、多分片方の糸がもう一方の糸を引き上げている結果が “両面斜め” という形となって現れていることは間違いないと思います。

ということは、両側の糸の “引き締め” 方向によって、この糸の斜め具合に影響が出るのではないかと。

実はこの縫い方、(写真を見て分かる通り)革を手に持った状態で縫い進めています。

では、レーシングポニーにセットして縫ったらどういう感じになるのか。「手に持とうが、レーシングポニーにセットしようが同じでしょ」って言われそうだけどね。

でも、今回の縫い方(オモテ面を手前に左から右へと)をレーシングポニーにやろうとすると、「オモテ面を右にセットして手前から奥に向かって縫っていく」ことになるんです。

これ、今まで慣れ親しんできた「オモテ面を右にセットして奥から手前に向かって縫う」やり方とは逆(そもそも命題の一つが、両方向に縫いたいってことなので当たり前だけど)。

そして、実際にレーシングポニーにセットして縫ってみると、これが乱れるんです。手持ちだと上手くいくのに、レーシングポニーだと乱れる。

そこで思ったのが、先の「両側の糸の “引き締め” 方向によって、この糸の斜め具合に影響が出るのではないか」ということ。

次回、「レーシングポニーにオモテ面を右にしてセットし、手前から奥に向かって縫っていく」方法を考察していこうと思います。


関連記事
コメント:
縫い目ですが私も気になっています。
直線にならないように注意しています。
当初から左から右へ縫うやり方をしています。
糸を番手を下げてみて検証しても面白いかと思います。
[2023/10/10 12:54] | しんいち #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://55life555.blog.fc2.com/tb.php/3605-151cd865

<< topページへこのページの先頭へ >>