FC2ブログ

L字ファスナー10-12号製作 --(7)郵送用の箱を作る

前回の末尾で触れたとおり、今回製作のL字ファスナーは友人に差し上げようと思って作ったのです。

ただ今の状況で手渡しは難しい。となると宅急便、でしょうね。

で、宅急便の料金を調べてみると、これが結構お高い。えっ、こんなに高かったの!って感じ。ネットショップで買い物をしたときの送料とかをイメージしていたのだけど。

ただ、モノは軽く小さいので、もっとお手軽な送り方はないのかと調べてみると、宅急便コンパクトなるものがある。諸々の割引を適用すると、まあそこそこの料金になる。

ネットショップからの発送方法としてよく見かける「ネコポス」はどうなの?って調べてみると、「ヤマト運輸とご契約いただいた法人、個人事業主のお客さま」が対象の様です。

ネコポス箱

なるほどー。

更に調べていくと、郵便局で扱っているサービスが使えそう。一番分かり易いのは「定形外郵便」でしょうか。他にもレターパックとかクリックポストとか、色々とあるんですね。

まだどれにしようか決めていませんが、これらの送り方に共通するキーポイントは、荷物の “厚み” のでようです。レターパックライトもクリックポストも「3cm以内」とあります。

ここからこれらの送り方に対応している箱探しモードに入りました。先ずは100均。続いてamazon。あることはあるのだけど、私のニーズから微妙に外れている。

amazonで見つけた箱は、小さ過ぎたり厚みが微妙だったり(厚みの外形寸法が30mmになっているのだけど、「郵便局で受け取ってくれなかった」みたいなレビューがあったり)。

となれば、もう、自分で作るしかないでしょ。化粧箱も作ったのだし。

ということで、100均で厚紙を買ってきました。

美濃版厚紙

美濃判。

板目表紙。

うーむ、どちらもわたし的には初めて出会う言葉だ。

美濃判というのは紙のサイズの呼び方で、B4判より二回りくらい大きいかな。

板目表紙というのは紙の種類で、官公庁でよく使われている書類を綴じる為の紙らしい。表紙に使われるので、厚くて頑丈です。

測ってみると0.5mm。段ボールではなく、紙で0.5mmというのはかなり厚いです。

因みに紙と板紙の違いは、生産する際に繊維を1層だけで作るのが紙で、複数層重ねて作るのが板紙とのこと。なので、板紙を水に浸すと、ペラペラと何枚かに別れるらしい。

さて、どんな構造の箱にしましょうか。

参考にしようと、たまたま送られてきていたネコポスの箱を開いてみました。

ネコポスの箱展開

なるほど。そのまんまというか、至ってシンプル。

結局、amazonで売られている小型の段ボール箱を参考にザックリとした展開図を描いた。

クリックポスト箱展開図
基本、これでいきましょう。

次回、設計、そして試作していきます。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://55life555.blog.fc2.com/tb.php/3625-fd2e47de

<< topページへこのページの先頭へ >>