FC2ブログ

耳掛け式のブルートゥースイヤホンを購入 -- 予備だけどね

またブルートゥースのイヤホンを買ってしまった。購入履歴を調べてみたらこの3カ月で3個目。というか、先週に別のものを買ったばかりなのに。

耳掛け式イヤホン箱

とは言いながらも、少なくとも自分の中ではもっともな理由(もっともらしい言い訳?)があるんだけどね。

先週購入したブルートゥースイヤホンは、ウェアラブルネックスピーカーの延長というか変わり種というか、まあそんな風に使うことをイメージして。

で、今回購入したのは “耳掛け式” の完全ワイヤレスイヤホン。

耳掛け式イヤホン充電ボックス

3カ月前に購入したのも完全ワイヤレスイヤホンでしたが、これは耳孔に押し込むものでした。そして、やっぱり何かの拍子にポロっと耳から外れて落ちます。

そして、散歩の際に愛用しているのが、今回購入したのと同じ耳掛け式の完全ワイヤレスイヤホンで、これはほぼ何の不満も無いくらいのお気に入り。

新耳掛け式イヤホン本体

それが1カ月くらい前、ちょっと調子の悪い時があって、その後回復して今も使い続けているのだけど、もしかしたら故障の予兆かもって考えが頭をよぎり。

今の内に予備を買っておいた方が良いかなって思っていたところに出会ったのが、今回のイヤホンだったんです。

左がこれまで使っていたもの。右が今回購入のもの。シルエットも大きさも似通ってる。

本体大きさ比較

耳掛け式イヤホンは、もちろんこれ以外にも色々とありますが、お気に入りポイントは充電ケースのバッテリー残量表示。ケース本体、そしてイヤホンの両側共に表示されます。

充電表示新

実は、これまで使っていた耳掛け式イヤホンの充電ケースと同じスタイル。この充電表示が使い易かったので、同じようなものを探していたってのもあります。

旧充電表示

イヤホン本体は上で比較した通りほぼ同じような大きさですが、 充電ケースは左側の “旧” よりも若干小さめ。これでも説明文によると5回フル充電出来るらしい。

新旧大きさ比較

そう言えば、充電ケースを開いた新旧両方の写真(2枚上、3枚上)を見比べると、セットされているイヤホンの向きが逆になっているのが分かると思います。

これ、新イヤホンの充電ケースって、右耳用を左に、そして左耳用を右側にセットするんです。左右逆ですね。これは充電ケースを小さくする工夫の結果なんでしょうか。

もう一つ、このイヤホンで気に入ったのは、各種操作が物理ボタンなこと。イヤホンのタッチスイッチは何かの拍子に触ってしまうことがあり、わたし的にはあまり好きではない。

左右が独立してそれぞれ音源に接続される(片耳ずつ使うことも可能)ので、左右のイヤホンそれぞれに正面の(銀色の)多機能ボタンと側面に “+と-” ボタンがあります。

押しボタンスイッチ

予備として買ったので、もしかしたら出番がくるのは少し先のことになるかもしれないけど、軽く使ってみた感じだと普通に使い易いイヤホンだと思います。

でも、こいつの出番が早く来るのが良いのか、遅い方が良いのかちょっと微妙だけどね。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://55life555.blog.fc2.com/tb.php/3626-65a7742e

<< topページへこのページの先頭へ >>