FC2ブログ

フチ捻の刃形状を自分好みに改造 -- 工作編

フチ捻を自分好みに改造(いや、模倣に近いけど)しようと、前回形状を検討し、型紙を作り、現物へと形を写し取りました。

今回は実作業へと入っていきますが、その準備として工具を2点購入しました。

一つ目は金切り鋸の替刃。荒目2本、細目2本の4本セットで110円。

鉄鋸の刃

二つ目は電動ドリルにセットして使う軸付砥石で、こちらも2個セットで110円。

軸付砥石

先ずは金切り鋸でザックリと切断。思ってたほど大変ではなかった。

鉄鋸で切断
まさに「歯が立たない」状態だったらどうしようかと思ったけど、軟鉄よりは少し硬いかな程度だったような。(「刃が立たない」ではなくて “歯” なんですね。間違えて覚えてた)

ダイヤモンドヤスリで削って少し形を整えたのだけど、見本に比べるとまだ大き過ぎる。

一旦形状完成

ここで軸付砥石が登場。電動ドリルにセットして使うことを想定されているようですが、卓上ボール盤にセットして使ってみます。

卓上ボール盤で
正直、100均の工具なのでほとんど期待せず、「使えたら嬉しいな」くらいの気持ちで買ってきたのだけど、実際に使ってみるとこれは使える!

これ、いいなー。失礼な思い込みを捨て去りました。

本当はグラインダーにセットするディスク状のヤスリを買う積りだったのが、無かったので代わりにお試しで買った商品ですが、グラインダーよりも扱いが断然楽だし、安全だし。

ということで、この軸付砥石で外形を削って形を整えてから、耐水ペーパーの番手を上げながら最後は#2000で磨き、仕上げはピカールでピカピカに。

フチ捻改造完了1
なんか、らしいでしょ。最初からこの形状だった?って錯覚しそうなくらい良い感じに加工出来たかなと(ま、自己満足ですけど)。

でも、刃先も加工前の状態よりもツルツルピカピカ。

フチ捻改造完了2

後は、実際に使ってみてどうか、ですね。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://55life555.blog.fc2.com/tb.php/3661-838f1475

<< topページへこのページの先頭へ >>