FC2ブログ

フチ捻の刃形状を自分好みに改造 -- 「使ってみた」編

改造作業が終わったフチ捻を使ってみます。

改造フチ捻でカーブを

ヘッドがもう少し小さくても良いような気もするけど、使い心地は結構いい。カーブをやっても革から外れることなく、スムースにフチを辿っていく。

実は、フチ捻の幅を少し広げています。最近の主力となっているYorkshineのフチ捻が1.5mmで、こちらもオリジナルでは1.5mmだったので、同じ幅が2個あってもなって。

イメージ的には1.7mm~1.8mmくらいを目指し、Φ1.5mmのドリルに耐水ペーパーを巻き付け、地道に削って磨きました。

フチ捻改造完了3

実際に捻引きした線を比較すると、こんな感じに。

フチ捻の幅違い

もう1個、幅2.0mmのフチ捻も持っています。こちらはWUTAというブランドで、形状的には(ノーブランドの)改造前のフチ捻と全く同じだけど、磨き具合はまったく別物。

フチ捻2mm

この幅2.0mmがあって、Yorkshineの1.5mmがあるので、改造フチ捻はこれらの間に入る1.7mm~1.8mmくらいを目指したわけです。

さて、3者のフチ捻で捻引きしてみると。

フチ捻幅3種

真ん中が改造フチ捻によるものですが、上下の中間というよりも、どちらかというと2.0mm寄りかな。もうちょっと狭くても良かったかも。

もう一点、捻引きの線が真ん中だけちょっと甘い(太い)ような気がする。

せっかく磨き上げて完成の積りだったけど、もう少しだけ手を加えてみようかな。


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://55life555.blog.fc2.com/tb.php/3662-9c914b13

<< topページへこのページの先頭へ >>